LINEモバイル支払は変更可能!クレジットカード以外の方法は?

ユカリ

ハヤトさん、今日も聞きたいことがあるの。

ハヤト

なんだい?ユカリ。今日もLINEモバイルのことかな?

ユカリ

当たり!今日はね、LINEモバイルの支払い方法についてなの。

ハヤト

支払い方法か。どんなことだい?

ユカリ

知り合いがね、クレジットカードの審査に通らなくて、LINEモバイルを契約した時にLINE Payで登録したの。でも、先月チャージし忘れて危うく未払いになりかけたのがきっかけで、支払い方法を変えたいって思っているみたいなの。

ハヤト

そうなんだね。たしかに、未払いになるくらいなら、変えた方がいいかもしれないね。

ユカリ

そうだよね。クレジットカードもその後に作れたみたいだし、変更した方がいいよね。できるのかな?

ハヤト

大丈夫!できるよ!じゃあ今回は、支払い方法の変更と、どんな支払い方法があるのかもいっしょに説明するね!

ユカリ

待ってました!ハヤトさん、よろしくお願いします!

ということで今回は、LINEモバイルの支払い方法についてお話しします。結論から言いますと、支払い方法はいつでも変更することができます。その上で、どんな支払い方法があるのかを確認しておけば自分に合ったやり方をチョイスすることができます。

今回の記事を見て、ご自分に合った支払い方法を確認してくださいね。

 

LINEモバイル支払の確認

まずはLINEモバイルの支払いに関して確認しましょう。LINEモバイルの支払いの流れは以下の通りになります。

LINEモバイル支払の流れ
  1. 毎月末が締め日
  2. 毎月3日に請求金額の案内
  3. 毎月5日に引き落とし

LINEモバイルは、毎月末に締め日が来ます。毎月1日から月の最終日までの利用料が1ヶ月分になります。そして3日に請求金額の案内がメールで届きます。

ここで案内される請求金額は、前月の利用分と前々月の通話料となります。例えば、4月5日に請求される金額は、3月の利用料金(基本料など)と2月の通話料という感じになります。

引き落としは5日

LINEモバイルは毎月5日に請求、自動引き落としがおこなわれます。支払方法問わず、必ず5日に引き落としされるので、選んだ支払方法に応じて残高のチェックもしておきましょう。

残高がない場合どうなるのか知りたい方は、下記の記事もチェックしてください。

未払いのままは利用停止!LINEモバイルの支払い徹底解説

2019年12月19日

支払方法は変更できる

LINEモバイルでは支払い方法を途中で変更することが出来ます。クレジットカードの審査に落ちて用意ができず、LINE Payで支払いを選んだとしても、その後クレジットカードを作成できたらその時点で支払い方法を変えようと思えば変えることが出来るんです。

しかも即日切り替えです。7月20日に切り替えの申請をすれば、適用されるのは8月5日の支払いからになります。

しかし、毎月3日の0時から6日の9時までと、毎月15日の0時から16日の9時までは、LINEモバイル側が請求業務などを行っているので切り替えができません。ご注意ください。

ちなみに、切り替え方法は以下の通りです。

支払いの切り替え方法
  1. LINEモバイルのマイページにログインする
  2. マイページから支払方法を開く
  3. 支払方法確認の横にある変更をクリック
  4. 支払方法を選ぶ
  5. 登録するをクリックして完了

 

主な支払方法は3つ

では、次はLINEモバイルの支払い方法です。LINEモバイルの支払い方法は大きく分けて3つあります。なお、この3つ以外の支払い方法は指定できないので、契約前に選んでおくことをおすすめします。

クレジットカード

LINEモバイルの支払い方法では一番便利なのがクレジットカードです。LINEモバイルでクレジットカードを支払い方法で選ぶと、支払い日はクレジットカードの引き落とし日になります。

毎月5日に自動的にクレジットカード会社が支払いをしてくれるので、クレジットカード会社への支払いはその次の月になります。請求日からおおよそ2か月後ということになります。自分のクレジットカードの締め日、支払い日を把握しておきましょう。

クレジットカードがあれば申し込みもおこなえますし、端末の分割払いもまとめて支払うことができるので、一番便利で無難な支払い方法と言えます。

デビットカードは使えない?

LINEPayでデビットカードは使えません。デビットカードはいわゆる”先払い方式”であり、登録している銀行口座からその場ですぐ利用分を引き落としするカードです。口座に残高がなければ利用できなくなるカードです。

他の格安スマホでは使用できるものもありますが、LINEモバイルでは対応していないのです。

LINE Pay

LINE Payはいわゆる「電子マネー」です。LINEモバイルと同じくLINEグループが運営しているので、LINEモバイルでの支払いにも使えます。LINEモバイルでは毎月5日に請求と同時に自動引き落としされます。

LINE Payを支払い方法に選んだ場合は、毎月5日の引き落とし前に残高のチャージをするようにしましょう。

LINE Payカード

LINE PayカードはLINE Payと口座は同等なので、チャージして使うという点では同じです。しかし、JCBの加盟店で使用できるので、LINE Payよりも使える場所が多いところが魅力ですね。

また、大手コンビニでチャージすることも可能なので、急にチャージが必要になっても困ることはありません。外出時にはあると便利ですね。

ちなみに、発行手数料や年会費は無料ですし、審査なしで18歳以上であれば誰でも作ることができます。

口座振替はできない?

LINEモバイルでは口座振替はできません。口座振替に対応している格安SIMはもちろんありますが、郵送や店頭で申し込みが必要になるので手間がかかります。また、データSIMのみなどの制限があったり、手数料が別途かかる場合があったりと欠点も多いです。

LINEモバイルはもともと対応していないので口座振替はできませんが、LINE Payで口座振替のように支払いをすることができます。

 

LINE Payのチャージ方法

LINEモバイルの支払い方法をLINE Payでおこなう人のために、LINE Payのチャージ方法を以下にまとめておきます。クレジットカードとは違いチャージしなければならないのが欠点です。

しかし、オートチャージを設定すれば、口座振替のように支払いをすることが可能になり、チャージの手間が省けます。それでは詳しくご説明しましょう。(参照:LINE Pay公式サイト

銀行口座

まずは銀行口座です。あらかじめ銀行口座を登録すると、その口座からチャージできます。スマホで操作するのでどこでもチャージが可能です。チャージ方法は以下の通りです。

  1.  LINE Payメインメニューから「チャージ」を選択
  2. 「銀行口座」を選択
  3.  チャージ元の銀行口座を選択し、希望する金額を入力すると完了

セブン銀行ATM

セブンイレブンでチャージする場合はセブン銀行ATMを利用してチャージすることができます。チャージするにはスマホかLINE Pay カードが必要になります。それぞれのやり方は以下の通りです。

スマートフォンのみでチャージする場合

  1.  LINE Payメインメニューから「チャージ」を選択し、「セブン銀行ATM」を選択
  2. 画面の下にある[次へ]をタップしてコードリーダーを開き、ATM画面に表示される QRコードを読み取る
  3. ATMとスマートフォンに表示される案内に従って操作

LINE Pay カードでチャージする場合

  1. セブン銀行ATMにLINE Pay カードを入れる
  2. チャージ希望金額を入れるとチャージが完了

Famiポート

ファミリーマートでチャージする場合はFamiポートを利用してにチャージできます。

  1.  LINE Payメインメニューから「チャージ」を選択し、「Famiポート」を選択
  2. LINEウォレットからのトークに記載されている受付番号をFamiポートに入力。
  3.  Famiポートから印刷されたレシートとチャージ額をレジで現金にてお支払いしてチャージ完了

ローソンではチャージできる?

ローソンでチャージすることは可能です。しかし、LINE Payカードがないとチャージができません。ローソンを多く利用されている方は、LINE Payカードを作っておくほうがよいですね。

QRコード/バーコード

AINZ&TULPE、LIPS and HIPS、アインズなどを操作して出てくるQRコード/バーコードを、レジに提示して現金で支払いをするとチャージができます。一部薬局などに端末がありますが、どちらかというとメジャーなやり方ではありません。やり方は以下の通りです。

  1. 「 LINE Payメインメニュー」から「チャージ」を選択し「[QRコード/バーコード」を選択
  2. 端末から出したQRコード/バーコードをレジで提示し、チャージ金額を現金で支払うとチャージ完了

LINE Pay カード

LINE Pay カードを使って店舗のレジで簡単にチャージできます。ローソンでチャージする場合はLINE Payカードのみとなっております。また、AINZ&TULPE、LIPS and HIPS、アインズなどでもこのカードでチャージすることが可能です。

  1. 1 店頭レジでチャージしたい金額を伝えて、LINE Payカードを提示する。
  2. チャージ金額を支払う

オートチャージ

口座残高が設定した金額を下回ったときに、登録口座から自動でチャージしてくれる機能です。チャージする金額も設定できるので、気が付いたら大量にチャージされていたということがないので安心して利用できます。

登録口座は大手銀行、ネット銀行が使えますが、地方銀行の場合は登録できない場合があります。ご注意ください。

  1. 「LINE Payメインメニュー」から「チャージ」を選択し、「オートチャージ」を選択
  2. オートチャージをONにする
  3.  オートチャージ条件、チャージ金額を設定

バンドルカードは使えるのか?

バンドルカードとは、いわゆるプリペイドカードです。誰でも作れるVISAのプリペイドカードであり、こちらもチャージして使用します。

バンドルカードはバーチャルプリペイドカードとも言われており、基本的にはカード自体を作らなくても使えます。しかし、店頭などで使う場合も考えて、カードも発行しています。

ちなみに、年会費は無料で、審査も年齢制限もありません。VISAなので使える場所も多いです。

LINEモバイルでは、プリペイドカードは利用できませんので、バンドルカードも使用することはできません。が、LINE Payではクレジットカードとして登録することができます。

しかし、LINE Payに登録したバンドルカードはコンビニや飲食店などの実店舗で利用することができなくなります。LINEポイントも付かないので、よほどのこだわりがない限りLINE Payでバンドルカードを使うのはメリットがありません。

 

まとめ

今回はLINEモバイルの支払い方法についてお話しました。いかがだったでしょうか。

LINEモバイルの支払い方法は3種類ありますが、審査が通るのであればクレジットカードを利用するのが一番手っ取り早いのでおすすめです。しかし、LINE Payもオートチャージができたりするので使いやすくはなっております。

支払い方法はいつでも変更が可能なので、ご自分の状況に応じて変更していきましょう。

LINEモバイル支払方法まとめ
  • 支払い方法はマイページから変更可能で即日切り替えになる
  • LINEモバイルの支払い方法はクレジットカード、LINE Pay、LINE Payカードの3種類
  • LINE Payのチャージ方法は銀行、セブン銀行ATM、Famiポート、QRコード/バーコード、LINE Payカード、オートチャージの6種類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です