LINEモバイルは3G端末では使えない!使うためには?

LINEモバイルの契約を検討しているあなた、LINEモバイルは、3Gのみ対応のアンドロイドやタブレット、3Gのみ対応のiPhoneでは使うことができません。注意が必要です。なぜ使うことができないのでしょうか。理由は、端末とSIMカード認証が3G回線 の対応がされてなく、4G回線でなければSIM認証ができないからです。

3G通信しかできないアンドロイドスマホやタブレット、iPhoneはLINEモバイルのSIMカードを挿入しても認識されず「圏外」表示になり、音声通話、データ通信をすることもできません。

では、LINEモバイルを使うためにはどのようにすれば良いのでしょうか。LINEモバイルを使うためには、4G LTE対応機種を使うことによって使えます。。

使用する端末が4G LTE対応機種であれば、3G通信エリアに なった場合でも自動的に3G通信に切り替わり、そのまま継続して使うことが可能になります。4G ⇔3Gの切り替えは、特に何も設定する必要が有りません。

SIMカードを2枚同時に挿入でき、2枚同時に待ち受けできるDSDS端末をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、3G用、4G用に分かれていると3G側ではLINEモバイルは使えません。両方ともに4G対応にすることにより、2つ共に使用することが可能になります。

3G用のみの端末では使えないことは、LINEモバイルの使用できる端末の注意事項に記載されていますので確認してください。

ソフトバンク回線に関する注意事項
LINEモバイルをご利用する端末は、4G LTEに対応している必要があります。

ドコモ回線に関する注意事項
LINEモバイルをご利用する端末は、「Xi(クロッシィ)」「PREMIUM 4G」などのLTEに対応している必要があります。
FOMA(フォーマ)などの3G通信専用の端末ではご利用できません。
※「Xi」、「FOMA」、「PREMIUM 4G」 は株式会社NTTドコモの登録商標です。

au回線に関する注意事項
LINEモバイルをご利用する端末は、au 4G LTEに対応している必要があります。
CDMA 1X WINなどの3G通信専用の端末ではご利用できません。
※「EZweb」、「LET NET」、「CDMA 1X WIN」 はKDDI株式会社の登録商標です。

引用:動作確認済み端末検索の注意事項

3Gと4Gの違いは何でしょうか。

略語について
3G:rd Generation 第3世代通信方式

4G:th Generation 第4世代通信方式
LTE:Long Term Evolution 長期的に進化をしていくという意味です。
SIMカード:Subscriber Identify Module card 加入者の識別情報が記録されているICカード
DSDS:Dual SIM Dual Standby  2枚のSIMを同時に挿入でき、2枚のSIMを同時に待ち受けできる。

 

3Gと4Gの違いとは

3Gと4Gの違いは何でしょう。大きく分けると2つあります。

1つ目は、電波の進み方に特徴があります。3G通信はビルなどの障害物があっても伝わりやすい特徴があります。

4G障害物があると電波が反射したり弱くなったり伝わりにくいことがあります。そのためサービスエリアが狭くなります。サービスエリアが狭くなることによる障害を防ぐために、電波の中継器が狭いエリアで配置されていますので実際の使用には支障がありません

2つ目は、通信速度です。3Gの通信速度は、高速移動時は144kbps、低速移動時は384kbps、静止時は2Mbpsと規定されていますが、4Gは50Mbps・1Gbpsの超高速大容量通信です。それでも使用する時間帯や周りの環境により多少通信速度は変わります。

 

LINEモバイルは3Gエリアのみでも使えるの

現在の主流は4G通信ですが、旅行先や地方へ行った場合に3G通信しかないエリアでも使えるのか心配になりますよね。でも心配はご無用です。LINEモバイルは3Gのみのエリアでも送受信が可能です。なぜなら4G端末は、3Gエリアに入ると自動的に4Gから3Gに切り替わるようになっているためです。特別に何かを設定する必要はありません。

LINEモバイルは格安なので、使用できるエリアは狭いのではないのかと心配になります。LINEモバイルの通信エリアは、キャリアと呼ばれる通信大手のNTTドコモ、ソフトバンク、auの通信回線をレンタルして使用しているから、キャリアと同じ範囲で使用することができます。格安SIMだからといって、なにも見劣りすることはありません。

NTTドコモ回線を契約している方は、ドコモと同じエリアで使用することが可能です。

ソフトバンク回線を契約されている方は、ソフトバンクと同じエリアで使用が可能です。

au回線を契約している方は、3Gエリアでは使用できません。4G LTEエリアに限定されますので、注意が必要です。

LINEモバイルの使用できる範囲は、契約時に選択したキャリアの通信エリアになります。通信エリアチェックをして使えるエリア確認をすることもできます。

下記の図は、例としてNTTドコモの回線で、山梨県を例に表示しています。色のついているところは通信が可能なエリアです。色がついていないところは、LINEモバイルだけでなく、キャリアの端末でもつながらないということです。

エリアチェックはこちらから確認できます。NTTドコモソフトバンクau

繰り返しになりますがLINEモバイルは、3G対応のみの端末では使用することができません。4G LTE対応の端末であれば、3G回線は使用可能です。

 

契約するデータ容量は、3GBのままでもだいじょうぶなのか

LINEモバイルを契約する時には、4G端末でなければいけないことは分かりました。では、LINEモバイルの契約をするには、どの契約プランを選べばよいのでしょうか。契約プランを見てみましょう。

契約プランは3種類あります。

契約プラン
LINEフリー

コミュニケーションフリー
MUSIC+

です。

データ容量は、それぞれ3G、5G、7G、10Gがあります。容量はどれを選べば良いのか迷いますね。

データ容量が少ないと契約データ容量を使い切った時に、通信速度が落ちるというデメリットがありますが、使えないということではありません。反対に、データ容量が多いと余ってしまうことにもなりかねません。LINEモバイルの使い方として、主にLINEやTwitter、Facebook、インスタグラム、などのSNSを使うことが多い方には3GB容量のままでも十分にスマホライフを楽しむことができるんです。

なぜなら、LINEモバイルには、データフリープランがあるからです。データフリープランは、指定されたアプリであればデータ容量を消費しないで、SNSを楽しむことができるのです。YouTubeは指定アプリには含まれていないので、YouTubeを楽しむ時には、データ容量を消費しないWi-Fiを通してみることをお勧めします。Wi-Fiオプション:月額 200円。

データフリープランは契約するプランにより価格、使えるアプリが異なります。

LINEフリーの場合

  • データSIM        500円 データ通信のみ。SMS、音声通話無し。
  • データSIM(SMS付き) 620円 データ通信、SMSが可能。
  • 音声通話SIM     1,200円 データ通信、音声通信、SMSが可能。

*SMS:Short Message Serviceの略

コミュニケーションフリーの場合

  • 容量:3GB データSIM:1,110円 音声通話SIM:1,690円。
  • データSIM:  データ通信とSMSが可能。
  • 音声通話SIM:データ通信、音声通話、SMSが可能。

MUSIC+

  • 容量:3GB データSIM:1,810円 音声通話SIM:2,390円。
  • データSIM:   データ通信とSMSが可能。
  • 音声通話SIM:データ通信、音声通話、SMSが可能。

LINEミュージックを聞くには、別途契約が必要です。月額:750円。

LINEグループ以外と音声通話をする時には、通話アプリ、「いつでも電話」からの発信の10分かけ放題プランを利用すると、10分以内の通話であれば何回かけても無料です。月額:880円。

どのプランを選ぶかは、あなたのライフプランに合わせて選ぶと良いでしょう。

 

まとめ

LINEモバイルは、3G対応のみの端末では、アンドロイド、iPhone共に使うことはできません。

LINEモバイルは、4G LTE端末、4G対応iPhoneを使うことで3G通信エリアでも使うことができます。

LINEモバイルの通信エリアは、大手キャリアであるNTTドコモ、ソフトバンク、auと同じ通信エリアで使用することができます。

データフリー契約で、データ容量を使い切ったとしても通信速度を気にせずにLINE、Twitter、Facebook、インスタグラムを高速通信のまま使用することができます。

データフリー機能を大いに利用して、データ使用量を節約すれば3GBのデータ容量でも十分にスマホライフを楽しむことができます。

自宅にもWi-Fi環境を整備してデータ容量を使わずに、YouTubeを楽しみましょう。

いかがでしたか、LINEモバイルのデータ契約容量3GBで使うことの不安は解消されましたでしょうか。

LINEモバイルのホームページは、こちらから見ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です