お母さん必見!LINEモバイルでiフィルターが使える理由

18歳未満のお子様をお持ちのお母さんに質問です。もし、子供がスマホを持ちたいとせがんできたら、不安になりますか?

自分の知らないうちに有害サイトで悪い人と知り合い、その人の誘惑に負けて悪いことをするのではないか。事件に巻き込まれたりしないだろうか。そんな不安が頭をよぎりませんか?

自分の知らないうちに有害なページにアクセスしてしまい、変な情報を見てしまったり、有害サイトからウィルス被害を受けて、パソコンが壊れたり、わけのわからない請求がきたりしないか心配じゃありませんか?

ユカリ

そう言われたら不安に決まってるじゃない。大切なわが子のことを心配するのは当然よね。

その心配する気持ち、LINEモバイルで解決できますよ。しかも無料で解決できるんです。それは、LINEモバイルのフィルタリングオプション、iフィルタ―が無料で使えるオプションがあるから解決できるんです。

今回は、そんなiフィルターについて詳しくご説明いたしましょう。

ユカリ

これは・・・18歳未満の子供がいる親にとっては、とっても大切な情報になりそうね!

 

フィルタリングオプションでiフィルターが無料で使用可能

LINEモバイルはお子さんでも安心してスマホを利用できるようにと、フィルタリングオプションを準備しています。。このオプションは、簡単に言うと、”安全機能が無料で使える”というオプションです。大手の会社でも現在は義務化されているくらい現代では重要なオプションだったりします。

ちなみに、LINEモバイル公式サイトではこのように紹介されています。

フィルタリングアプリとは

「パソコン・スマホを守る」ウイルス対策サービスに対し、
フィルタリングサービスは利用者が意図しないネットの危険にさらされるのを防ぐ、
「人を守る」アプリです。

引用:LINEモバイル公式サイト

「iフィルター」を無料で利用可能!

このオプションは、LINEモバイル側が用意する機能ではありません。デジタルアーツ株式会社が販売している、「iフィルター」という商品を無料で使えることができるのです。

iフィルターは主に、有害なサイトや不適切なアプリを親の権限でブロックできたり、子供が普段どのようにネットを使っているかを監視したり、時間制限をかけて子供のスマホ使い過ぎと寝不足を防止したりすることができるのです。

そんなiフィルターは普通に使おうとすると購入しなければならないため、以下の料金がかかります。これはiフィルターのホームページから引用してきました。

引用:iフィルターforマルチデバイス

いかがでしょうか。仮に3年版を購入したとしても、年間3,000円ちょっとのお金がかかることになります。LINEモバイルでフィルタリングオプションを使えば、これが無料で利用できます。

3,000円あれば、150円のスイーツが20個買える計算になります。こう考えると、本来お金をかけて守るべきお子さんのスマホ環境をただでガードすることができるってことです。それだけLINEモバイルは安心して利用することが可能ということですね。

なので、子供にスマホを持たせるのであれば、LINEモバイルがおすすめです。なんといっても安全機能が無料ですからね。

 

iフィルターを使うならAndroid携帯を使うべき理由

LINEモバイルのフィルタリングオプションを利用するにあたり、ひとつ注意点があるのです。

それは、端末によって使える機能がちがってくるということです。この端末の違いは、主にiPhoneとAndroidです。iフィルターは、Androidの方が使える機能が多いんです。

これは、AndroidとiPhoneによって使える機能と使えない機能を表にまとめました。LINEモバイル公式サイトより、機能一覧ページを見ることができます。

設定種類 設定内容 詳細 Android iPhone
Webフィルター強度設定 年齢別の推奨設定 「ファミリー」「小学生」「中学生」「高校生」「大人」「フィルターOFF」から選択することで、かんたんにWebフィルター強度設定が可能 ×
自動フィルター強度設定 利用者の生年月日を入力することで、自動的にWebフィルター強度を推奨強度に設定 ×
見せて良いサイトの登録 URLを登録することで、ブロック対象のウェブサイトを閲覧可能にする
見せたくないサイトの登録 URLを登録することで、閲覧可能なウェブサイトをブロック対象にする
ホワイトリスト機能 URLを登録することで、登録したサイトだけを表示
アプリフィルター強度設定 年齢別の推奨設定 「ファミリー」「小学生」「中学生」「高校生」「大人」「フィルターOFF」から選択することで、かんたんにアプリフィルター強度設定が可能 ×
自動フィルター強度設定 利用者の生年月日を入力することで、自動的にアプリフィルター強度を推奨強度に設定 ×
インストール済みアプリの個別詳細設定 アプリの起動を個別に管理可能 ×
ブロック機能 アプリの警告機能 危険なアプリの起動時に警告する ×
書き込みブロック 掲示板やチャット・ブログなどに対して書き込みを禁止 ×
購入ページブロック 閲覧は可能で、購入ページだけをブロック対象に設定する(httpsサイトのみ対応)
ブロック解除申請 登録したメールアドレス宛てに、ブロック画面から解除申請を送信
管理機能 リモート管理 設定したスマートフォン端末以外の端末から、設定変更や利用状況の確認が可能
端末の利用時間制限 曜日、時間帯ごとの端末利用を制限 ×
インターネットの利用時間制限 曜日、時間帯ごとのインターネット利用制限および、1日のインターネット利用時間を制限
一時的な解除 一時的にWebとアプリのフィルタリングを解除することが可能 ×
利用状況確認 ブロックサイト履歴 ブロックサイトの把握が可能
アクセスカテゴリの割合統計 アクセスサイトのカテゴリ別割合の統計
検索単語ランキング 検索エンジンの検索ワードランキング統計
書き込み回数ランキング 書き込み回数の多いサイトのランキング統計 ×
位置情報履歴 利用者の位置情報の把握が可能 ×
利用状況の電子メール通知 1日1回、インターネットの利用状況を、登録されている電子メールアドレス宛てにメールで通知 ×
利用状況の通知メール 利用状況を1日1回メールで通知
無効化通知メール 一定期間利用していない場合に保護者へお知らせを実施

参照:機能一覧「i-フィルター for Android」 機能一覧「i-フィルター for iOS」

ここで、特に子供がスマホを使ううえで重要なちがいがあります。それはアプリのフィルタリング機能です。

スマホといえばアプリです。いまやインターネットだけでなく、アプリからネットに繋がることも少なくはありません。むしろ多いと言えるでしょう。

ですが、iPhoneではアプリからの有害アクセスをブロックすることができません。これは、子供がスマホに触れることを考えれば、ちょっと危ういのかもしれません。であれば、せっかく無料で使えるなら、使った方がいいですよね。

その他にも、子供がスマホを触る時間に制限をかけ、深夜に触ることができなくしたり、何かあった場合にどこにいるか、位置情報を確認する機能も、Android限定の機能となっています。子供にスマホを持たせるのであれば、Android端末を持たせましょう。

こちらの記事にも詳しく書かれていますので、ぜひチェックしてみてください。

LINEモバイルお得な子供学割はない!?ピッタリプラン提案

2019年11月19日

Android端末でも非推奨の機種がある

Android端末の中で、iフィルターが非推奨の機種があります。それはファーウェイ社製の端末です。

非推奨機種一覧

P20 lite、Mate 10 Pro、nova lite 2、P10、P10 lite、P9 lite、P8 lite、

honor 9、honor 8、LUMIERE、MediaPad M3

これは実際にデジタルアーツ株式会社がホームページで発表しています。主な原因は以下の通りです。

ホーム画面からi-フィルターのアンインストールが可能となる

古いバージョンのハーウェイ社製ホームアプリ「EMUI」をご利用の場合、ホーム画面からi-フィルターがアンインストールできるようになってしまいます。

ウルトラ省電力機能の起動時にアプリが無効化される

電池消費を抑えるためのウルトラ省電力機能が起動した場合、i-フィルターが無効になってしまい利用できなくなります。

スリープ解除時にi-フィルターが無効化される

i-フィルターの位置情報履歴機能を利用している場合に、i-フィルターの利用が停止されてしまうケースがあることを確認しております。

(参照:HUAWEI社製一部端末で「i-フィルター」をご利用いただく際の事象に関する注意喚起

せっかくのお子さんを守るためのオプションも、非推奨の端末を選んでしまうだけで、安心して使うことができない環境になってしまいます。絶対にとは言いませんが、なるべく非推奨の端末は避けたほうが無難だと私は思います。

 

iフィルタ―の設定はマイページで行える

iフィルターの設定はマイページからいつでもおこなえます。具体的な順序は以下の通りです。iPhoneとAndroidで若干やり方がちがいますので、ご自分の端末に合わせたやり方で確認してください。

iフィルターの設定順序

iPhoneの場合

  1. i-フィルターオプションに加入
  2. i-フィルターのインストール
  3. シリアルIDの入力
  4. メールアドレスの入力
  5. 管理パスワードの設定・シリアルIDの確認
  6. 利用者の設定とパスワード設定
  7. Safariの無効化
  8. Appの削除の禁止
  9. インストール可能なアプリの利用制限

参照:i-フィルターの設定方法 iPhoneをお使いの方

 

Androidの場合

  1. i-フィルターオプションに加入
  2. i-フィルターのインストール
  3. シリアルIDの入力
  4. メールアドレスの入力
  5. 管理者情報の入力
  6. 管理パスワード設定
  7. 利用者の設定とパスワード設定
  8. よく使われるアプリの許可・禁止をする
  9. 端末の初期設定を行う
  10. i-フィルター以外のブラウザを制限する

参照:i-フィルターの設定方法 Androidをお使いの方

 

まとめ

今回は、フィルタリングオプション、iフィルターについてお話しました。いかがだったでしょうか。今回の記事で、LINEモバイルのフィルタリングオプションがいかに使えるオプションかご理解頂けたかと思います。

LINEモバイルでiフィルターを使うメリット
  • LINEモバイルはiフィルターを無料で使える
  • iフィルターを使うならAndroid端末の方が使える機能が多い
  • iフィルターの設定はマイページからおこなえる

最後に、子供がLINEモバイルを使ううえでメリットのある内容をまとめた記事をご紹介しておきます。料金プランやその他のオプションをまとめてありますので、ぜひこちらの記事もご覧になってください。

【安全お得】3人家族でLINEモバイルを利用するメリットとは?

2019年12月9日

お子さんにスマホをせがまれたなら、安心かつ安価でつかうことができるLINEモバイルをぜひご検討ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です