LINEモバイルで未成年が契約をする時に必要なことを解説

LINEモバイルをご検討中の方に今日は”未成年が契約をする時に必要なこと”をご説明致します。

ユカリ

え?未成年が契約?携帯電話って、未成年は契約できないんじゃなかったっけ?

そうです。本来、未成年が携帯電話を契約することはできません。必ず親の名義で契約しなければならないのです。それは他社の格安スマホも例外ではありません。

ですが、LINEモバイルは未成年でも契約が可能なんです。今回は未成年がLINEモバイルを契約する際に知っておくことと必要なことを解説していきます。

ハヤト

LINEモバイルが未成年に適しているスマホだということを、お教えしましょう!

 

未成年者がLINEモバイルを契約する際の条件

未成年での契約はできますか?

18歳以上の方であれば、どなたでも契約者としてお申し込みできます。ただし、18歳⋅19歳の方は、お申し込みの際に親権者の同意が必要です。18歳未満の方は契約者にはなれません。18歳以上の方を契約者とし、ご自身は利用者として利用することができます。

引用:LINEモバイル公式サイト

未成年者がLINEモバイルを契約する場合は条件があります。簡単にまとめると以下の通りになります。

年齢 自分名義での契約 条件
18歳以上(18歳、19歳) 可能 親権者の同意が必要
18歳未満 不可 親権者名義で利用者として登録

18歳未満は、自分の名義で契約はできません。ですので、親の名義で契約することになります。さすがに小学生が自分で勝手に携帯電話を登録できてしまえば、何かと問題になりそうですもんね。

しかし、18歳以上からは自分名義での契約が可能になります。つまり、高校3年生が18歳の誕生日を迎えれば、その翌日から自分名義でLINEモバイルが契約できるのです。

最近YoutubeやテレビでCMをやっているUQモバイルや楽天モバイルなどはこの契約が出来ません。なので、LINEモバイルは未成年者でも手軽に契約できる格安スマホだといえるでしょう。

 

18歳以上が契約するには

それでは,18歳以上がLINEモバイルを契約する時に必要なことを解説しましょう。ここで重要になるのは、”支払い方法”と”親権者の同意”です。

では、それぞれどのようなことなのかをご説明いたします。

支払い方法はLINE Payカードがおすすめ

18歳以上がLINEモバイルを契約する時に肝心なのが支払い方法です。支払い方法は「クレジットカード」「LINE Payカード」の2種類あります。どちらの支払方法も、自分名義でなければ指定することが出来ません。

クレジットカード

クレジットカードは18歳以上になれば作成することが出来ます。しかし、高校生では作成することができません。家族カードを作成しようと思っても、名義は親になるので、クレジットカードで支払う場合は高校を卒業してからになります。

LINE Payカード

LINE Payカードは、いわゆるチャージ式のプリペイドカードです。JCB加盟店でも使えます。

プリペイドカード(英: prepaid card 略語:プリカ)とは、予め入金して積み立てておく形(前払い)で一定金額の価値を有し、商品やサービスを提供してもらう権利のあるカード型の有価証券(金券)。プリペイドカードはトラベラーズチェックなどと同じく前払式決済の一種である[1]。ただし、クレジットカードや預金口座から即時引き落とされるデビットカードとは異なる。

引用:Wikipedia

LINE Payカードの利点は、クレジット機能が無いため年齢制限や与信審査が無いところです。これにより、未成年でも発行申し込みができるのです。LINE Payカードの発行方法はLINEから申し込むことが出来ます。

LINE Payカード発行方法
  1. LINEからLINE Payへ進む
  2. バーチャルカードをすぐに発行!をタップすると下に「プラスチックカードを申し込む」が出てくるので選ぶ
  3. カードのデザインを選ぶ
  4. 名前を入力する
  5. 郵便番号を入力する
  6. 住所を入力する
  7. 申込確定を押す
  8. カードが届いたら銀行口座を登録する

銀行口座を登録したら、ATMに行かなくてもスマホからチャージできますし、オートチャージ設定もできます。

特別難しい事もなく、LINEからすぐに作成できるので、18歳以上が自分名義でLINEモバイルを契約するなら、LINE Payカードを選ぶ方が手間もかからないのでおすすめです。

契約には親権者の同意が必要

18歳以上がLINEモバイルを申し込む際、自分で契約することはできますが、親権者の同意が必要になります。

しかし、実際には申し込みの際、生年月日を記入する欄の下にある「親権者の同意を得ている」のチェックが入っていればOKなので、実質自分だけで申し込みが可能なんです。

なので、高校3年生が18歳の誕生日を迎えた次の日に、自分でLINE Payカードを作り、自分でLINEモバイルを親に黙って勝手に申し込むことは可能なんです。

とはいえ、ご家庭の事情は様々でしょうから、念のため親に一言「自分で契約するよ」くらいは言っておいた方がよいでしょうね。

 

18歳未満が契約するには

上記の通り、18歳以上は自分名義でLINEモバイルを契約することが可能となります。しかし、18歳未満、つまり、17歳までの未成年はLINEモバイルを自分名義で契約することはできません。

では、18歳未満の未成年がLINEモバイルを契約するにはどうすればよいのか。答えは、「名義は親、利用者が子供」です。

親の名義で契約して利用者を子供にする

18歳未満の未成年がLINEモバイルを契約する際は、親の名義で契約することが必要になります。

LINEモバイルは17歳以下の方が自分名義で契約することはできません。いくらLINE Payカードを自分名義で作成しても、本人確認書類を提出しなければならない以上、ごまかすこともできません。

ですが、利用自体は未成年でも可能なので、利用者としてお子さんを登録すればよいのです。

契約者と利用者の違いは何ですか?

契約者とは、LINEモバイルへのお申し込みを行い、LINEモバイル株式会社とLINEモバイル通信サービスの利用に係る契約を締結したお客様のことをいいます。
契約者は、申し込み時に本人確認書類の提出と支払方法の登録を契約者の名義でする必要があります。
利用者とは、契約者の方が別途登録するLINEモバイル通信サービスを利用するお客様のことをいいます。
例えば、LINEモバイルでは18歳未満が契約することはできないので、18歳未満の方がLINEモバイルを利用したい場合は、親が契約者になり18歳未満の方が利用者になる、という形式があります。

1契約で最大5回線まで追加できる

LINEモバイルは1契約で最大5回線まで追加することができます。これを「追加申込」と呼びます。

つまり、「父、母、子供3人」までだったら、父か母の名義で契約することが出来るのです。これにより、2回線目以降の契約手続きの際は個人情報の入力や本人確認がいらなくなり手続きがスムーズになります。

2回線目以降の登録事務手数料が最大無料になる

1契約で追加申込を行う上で一番の利点は、”事務手数料が安くなる”ということです。SIMの種類によって金額は変わります。

追加申込で安くなる事務手数料
  • 音声通話SIM    3,000円  →   0円
  • データSIM(SMS付)3,000円 →  500円
  • データSIM(SMS無)3,000円 → 1,000円

参照:LINEモバイル公式サイト

父、母、子供3人の5人家族で家族全員のスマホを父名義で契約するとした場合、全員が音声通話SIMで契約するとなると、通常15,000円かかる事務手数料が3,000円でおさまるので、12,000円安くなります。

ですので、家族まとめてLINEモバイルに契約すると、お得ですね。

契約者連携と利用者連携をするべし

追加申込をする際に、必ずと言っていいほどやっておくべきことが、契約者連携と利用者連携です。連携することでLINEモバイルの使い勝手がさらによくなるからです。

ちなみに、契約者連携は最初の1回ですみますので、追加申込をする際は利用者連携だけやればOKです。

それでは、連携で何が出来るかをご説明しましょう。

契約者連携をするとできること

  • マイページでの操作
  • LINEポイントの付与(月額基本利用料の1%が付与されます)

契約者連携をすることにより、LINEモバイルのマイページでお子さんのスマホ利用状況を把握することが出来ますし、プランを変更することも可能になります。

さらに、利用者であるお子さんが勝手にプランを変更することはできませんし、勝手にデータ追加をすることもできなくすることが可能になります。

連携方法は、LINEアプリの公式アカウントからLINEモバイル公式アカウントを選び、「契約者連携」を選んでログインIDとパスワードを入力すれば連携できます。

利用者連携をするとできること

  • データ残量の確認
  • データプレゼント

利用者連携をしないと、データ容量をどれだけ使っていて、あとどれだけ残っているかを確認することができません。お子さんが自分で確認できるようにして、定期的に確認するようにしつけることができれば、お子さんに自覚してデータを使いすぎないようにする習慣が身に付くでしょう。

それでも使いすぎた場合、利用者連携をしていれば利用者同士でデータを分け与えることが可能になります。お子さんが使いすぎて通信制限がかかった場合は、親が余った容量をプレゼントすれば子供はストレスなくスマホを利用できるのです。

利用者連携は、マイページの契約情報の中にある16ケタの利用コードを、LINEアプリの公式アカウントから利用者連携を選んで入力すれば連携できます。

 

i-フィルターを使おう

お子さんがLINEモバイルを使うにあたり有効な点が「フィルタリングサービスを無料で利用できる」点です。LINEモバイルでは、「i-フィルター」と呼ばれるサービスを、通常有料なのに無料で利用することができるのです。

主に、有害サイトを見れなくしたり、どれだけインターネットを使ったかが確認できるようになります。

お子さんは好奇心旺盛なものです。初めてスマホを持てるようになれば、興味本位でインターネットを使うので、知らず知らずに有害サイトへアクセスしてしまうことでしょう。

i-フィルターは最初から子供に見せたくないサイトのカテゴリーを年齢別に設定してありますし、個人で設定もすることができますので、安心してお子さんにスマホを持たせることが出来ます。下記の記事も読んで頂けるとよりわかりやすいです。

LINEモバイルお得な子供学割はない!?ピッタリプラン提案

2019年11月19日

 

まとめ

今回は未成年がLINEモバイルを契約する際に必要なことをまとめてみました。いかがだったでしょうか。

未成年がLINEモバイルを契約するには
  • 18歳以上の未成年はLINE Payカードを作れば自分名義で契約できるが、親の同意は必要
  • 18歳未満の未成年は親の名義で契約し利用者として追加申込する
  • 追加申込は最大5人分出来る。事務手数料が安くなる
  • 契約者連携と利用者連携をすること
  • 契約者連携をすれば子供がデータを勝手に追加することはできなくなる
  • 利用者連携をすれば余ったデータを分け与えることができる。
  • フィルタリングサービスで子供が有害サイトへアクセスするのを防ぐ

いまや中学生や小学生でもスマホを持つようになりました。お子さんから「スマホが欲しい」とせがまれる親御さんも多いでしょう。

しかし、スマホを利用するには費用もかかりますし、何でもできる分危険もともなうので、不安に思う方も増えているのではないでしょうか。

その不安はLINEモバイルで解決します。子供には少しでも安く、安全にスマホを利用してもらいたいものですね。ですので、お子さんのスマホはぜひ、LINEモバイルをチョイスしてみてはいかがでしょうか。

ユカリ

安くて安全なのが一番だね。LINEモバイルは未成年にとって一番適したスマホだね。

ハヤト

そうだね。だから、この記事を読んでくれた親御さんには、ぜひ選んで欲しいよね!気になられた方はぜひ!下のボタンから申し込んでください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です