【徹底比較!】LINEモバイルと楽天モバイルどっちがいいの?

ユカリ
そういえば、楽天モバイルっていう格安SIMサービスがあるけど、LINEモバイルと何が違うのかしら。
ハヤト
両社のサイトを見比べるだけだと、正直違いがわからないよね。

スマホが日常生活で欠かせないものとなった現在、様々な格安SIMサービスがあります。

種類が多すぎて何を選んだらよいかわからないという人も多いのではないでしょうか。

しかし、何が良いかわからないからと言って、適当にサービスを選んでしまうと、大手キャリアのサービスを使っていた時より損をする可能性が高くなってしまいます。

ということで今回は、格安スマホSIMサービスはどれにしたらいいかわからない人のために、有名格安スマホサービスのLINEモバイルと楽天モバイルの2つを徹底解説したいと思います。

参考にしていただければ幸いです。

 

2つのサービスどちらを使うのかを簡単に決める方法

今回は、先に結論から言います。

実は、LINEモバイルか楽天モバイル、どちらを選べば良いのかを簡単に決める方法があります。

それは、次の2つのどちらを重視しているかで決めることができます。

・SNSをたくさん使いたい人

LINEモバイル

・楽天系サービスをたくさん使いたい人

楽天モバイル

ユカリ
一応納得はできたけど、もっと詳しく知りたいわ。
ハヤト
それじゃあ、様々な観点から二つの違いを見ていこうか。

ということで、次の章からは料金プラン、通信速度、解約の3つとその他特徴から、LINEモバイルと楽天モバイルを比べていこうと思います。

 

LINEモバイルと楽天モバイルの違い~料金プラン編~

LINEモバイルの場合

LINEモバイルの料金プランは主に、LINEフリー、コミュニケーションフリー、MUSIC+の3つのみという非常にシンプルなプランです。

LINEモバイルの最大の特徴は、各サービスの対象SNSのデータ消費がゼロで使えるということです。

例えば、もっとも多く使われているコミュニケーションフリーは、LINE、Twitter、Facebook、Instagramがデータを消費せずに使うことが出来ます。

LINEモバイルの3つのプランの料金はこちらになります。

LINEフリー

容量    データSIM              -

1GB    月額500円            -

容量    データSIM(SMS付き)   音声通話SIM

1GB    月額620円          月額1200円

コミュニケーションフリー

容量    データSIM(SMS付き)  音声通話SIM

3GB       月額1110円       月額1690円

5GB       月額1640円      月額2220円

7GB       月額2300円      月額2880円

10GB       月額2640円      月額3220円

MUSIC+

容量   データSIM(SMS付き)   音声通話SIM

3GB      月額1810円      月額2390円

5GB      月額2140円      月額2720円

7GB      月額2700円      月額3280円

10GB      月額2940円      月額3520円

楽天モバイルの場合

楽天モバイルには、スーパーホーダイ組み合わせプランの2種類が存在します。

スーパーホーダイの特徴は、ギガを使い切っても最大1MB/sの速度で使い放題であることと、電話が10分かけ放題であることです。

それぞれのプランの料金はこちらになります。

スーパーホーダイプラン
プランS プランM プランL プランLL
データ通信 2GB/月 6GB/月 14GB/月 24GB/月
月額基本料金 2980円 3980円 5480円 5980円
組み合わせプラン
通話SIM データSIM(SMSあり)  データSIM(SMSなし)
ベーシックプラン 1250円 645円 525円
3.1GBプラン 1600円 1020円 900円
5GBプラン 2150円 1570円 1450円
10GBプラン 2960円 2380円 2260円
20GBプラン 4750円 4170円 4050円
30GBプラン 6150円 5520円 5450円

LINEモバイルと楽天モバイルはサービスが全然違うので、どちらが安いと感じるかはユーザーが普段どのようにスマホを使っているかによるでしょう。

例えば、インターネットや動画サイトをよく視聴するユーザーであれば、20GB以上のプランをもつ楽天モバイルの料金プランを選ぶのがよいでしょう。一方、SNSをよく使うユーザーはSNSのデータフリーのサービスがついたLINEモバイルの料金プランがおすすめです。

またスーパーホーダイプランは、楽天会員なら1年間は月額料金が1500円引き、ダイヤモンド会員なら1年間又は対象月はさらに500円割引されます。逆に言うと、楽天会員ではないユーザーにとっては楽天モバイルの料金プランは高いと感じるでしょう。ただし、楽天会員の人でも楽天会員・ダイヤモンド会員であることによる割引は最初の1年間だけで、それ以降は通常の月額料金であるということを注意していただきたいです。

 

LINEモバイルと楽天モバイルの違い~通信速度編~

2016年ごろはLINEモバイルのほうが通信速度が早かったのですが、正直今はどちらもあまり変わりありません。

LINEモバイルも楽天モバイルも、ドコモのような大手キャリアから回線を借りて運営しているため、お昼休みなどの混雑する時間帯は通信速度が遅くなる傾向にあります。

ただし、LINEモバイルも楽天モバイルも格安SIMサービスのなかでは通信速度はかなり早いので、あまり心配する必要はないでしょう。

 

LINEモバイルと楽天モバイルの違い~解約編~

一度決めた格安SIMサービスの解約はできればしたくないと思いますが、万が一解約せざるを得なくなった場合、どちらのほうが損をしにくいのか比べていきたいと思います。

LINEモバイルの場合は、最低利用期間は利用開始月含む12か月目まで、解約金は1000円までとなっていますが、楽天モバイルは最低利用期間も解約金もなしになります。これは他のキャリアと比べても大きなアドバンテージです。

ただ、よっぽどのことがない限り、1年もしないうちに格安SIMを解約することはないでしょうし、解約金もたった1000円なので、LINEモバイルも楽天モバイルも解約の負担は少ないと言えます。

 

LINEモバイルと楽天モバイルの違い~その他~

ここからは、LINEモバイルと楽天モバイルの便利な点をそれぞれいくつか上げていきたいと思います。

LINEモバイルの場合

LINEモバイルはLINEのID検索年齢認証が使えます。

「え、それって当たり前ではじゃないの?」と思う人いると思います。実は、他の格安SIMサービスではID検索や年齢認証は使えないのです。特に、ID検索は相手の電話番号を知らなくても、相手のIDさえ知っていれば友達追加できるという便利な機能です。そのため、これが使えないと不便り感じる人が多いのではないのでしょうか。

また、LINEモバイルは基本料金の1%がLINEポイントとして返ってきます。

そのため、LINEスタンプや着せ替えをよく買う人は非常にお得に感じるのではないでしょうか。

楽天モバイルの場合

楽天モバイルはやはり楽天のサービスなので、楽天ポイントがたまりやすいです。

楽天モバイル通話SIMを利用すると、契約期間中は楽天市場の全商品がポイント+1倍になります。

また、楽天ポイントで楽天モバイルの利用料金を払うことが出来るので、楽天市場でよく買い物をするひとにとってはお得でしょう。

 

まとめ

・LINEモバイルと楽天モバイルどちらが安いと感じるかは、ユーザーがどのようにスマホを使っているかで違う。

・SNSをよく使う人は、SNSのデータフリーサービスのあるLINEモバイルの料金プランがおすすめ。

・20GB以上のプランを求める人や楽天会員の人は楽天モバイルの料金プランがおすすめ。ただし、楽天会員・ダイヤモンド会員による割引は最初の1年のみ有効。

・LINEモバイルも楽天モバイルも通信速度に大差はないが、どちらも格安SIMのなかでは優秀である。

・解約による負担は、LINEモバイルも楽天モバイルも小さい

・LINEモバイルはLINEのID検索と年齢認証が使える

・LINEモバイルは基本料金の1%がLINEポイントとして返ってくる

・楽天モバイルは楽天ポイントがたまりやすい

・楽天ポイントで楽天モバイルの利用料金を払うことができる

ユカリ
なるほどね。だから、SNSをたくさん使う人はLINEモバイル、楽天のサービスをよく使う人は楽天モバイルがおすすめなのね。
ハヤト
どちらがよいかはユーザー次第ってことだよね。
ユカリ
私は最近SNSをよく使うから、やっぱりLINEモバイルがいいわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です