LINEモバイル短期レンタルは可能?素朴な疑問に答えます!

格安SIMの携帯電話が多くなってきている今、そろそろ大手キャリアから乗り換えをしてみたいと思っている方もおられるのではないですか。

でも実際に乗り換えをするとなると、勇気がいりますよね。
どう考えても大手キャリアよりかなり安いし、いろいろな面でキャリアよりも劣ってしまうんじゃないかという心配は、少なからずみなさん思われるのではないでしょうか。

そんな時思うのが、とりあえず1ヶ月だけでもレンタルしてみたい!

本当にいいのか、それとも悪いのか、一番いいのは試してみることですよね。
でも、それができるのかどうか? 知りたいですよね。

では、格安SIMの中でも有名なLINEモバイルはどうでしょうか。詳しく見ていきましょう。

 

1ヶ月間だけ端末をレンタルしたい!

ユカリ
あなた、LINEモバイルって1ヶ月間だけレンタルすることができるの?
ハヤト
何、どうしたの?
ユカリ
友人がね。私が今、LINEモバイルを使っていて、とてもいいのよって薦めたら、私もつかってみたいって言ったの。でも、自分にとって本当にいいかどうか不安だから、1ヶ月だけレンタルして使ってみたいって言ってるんだけど。
ハヤト
なるほど、そういうことか。わかった。じゃあレンタルについて説明するよ。

端末のレンタルはありますか?

端末のレンタルサービスは行っておりません。

引用:LINEモバイル|よくある質問

上記の通り、残念ながら端末のレンタルは行っておりません。

しかし、ガッカリすることはありません。「レンタル」という名前のものはないですが、結果的にレンタルと同じ機能のものは存在します。

ユカリ
あなた、それってどういう意味?
ハヤト
要は1ヶ月間だけ試せればいいんだろう? だったら、レンタルと名前が付いていなくても機能が同じなら、それでもいいということだろう?
ユカリ
まあ、確かにそれはそうかも。

 

初めて試すプランならコレ!

レンタルはできませんが、初めて試すプランとしてお薦めのものならあります。

引用:LINEモバイル料金プラン

上記の通り、LINEモバイルの基本料金は3種類あります。中でもデータSIM・データSIM(SMS付き)がお薦めです。なぜなら、最低利用期間が設定されていないから。

大手キャリアでは多くの場合、2年間の縛りが存在します。これは契約期間2年間の間に、途中で解約をしてしまうと違約金として1万円近くを請求されてしまうというもの。契約してしまった以上2年間は我慢しないとと思った経験はありませんか?

LINEモバイルにはこの「2年間の縛り」は存在しません。音声通話SIMに関しては、最低利用期間12ヶ月間というものが存在しています。ですが、データSIMの2種類に関してはそれすらもありません。

つまり、いつ解約をしても違約金を請求されないので、お試しで契約するプランとしてはもってこいなのです。
データSIMなら基本料金がワンコインの500円からです。大手キャリアの値段から考えるとあり得ない金額ですよね。

データーフリーになる!

LINEモバイルはLINEがメインなので、メールを利用するツールに関してデータフリーになってくれることが多いです。これは今の時代のニーズにも合致していて、利用する側としては、とても便利といえます。

音声通話SIMにしないと音声通話はできませんが(LINEの音声メッセージ可能)、基本的にデータフリーなので、対象サービスのデータ通信量をデータ通信利用の対象外にしてくれます。

データ通信利用対象外
●LINEのトークでのテキスト、音声メッセージ、スタンプ、画像、動画その他ファイルでの送受信

●Twitter(ツイートの投稿・閲覧、メッセージの利用等)

●Facebook(フィードの閲覧・投稿、リクエスト、お知らせ、その他閲覧等)

●Insutagram(タイムラインの閲覧・投稿、ストーリーズの閲覧・投稿、検索の利用等)

●タイムラインでの投稿、カメラ、リレーの利用閲覧

●アカウントの設定

●友だちの閲覧・追加

●「ニュース」トップ・カテゴリの閲覧

●「ウオレット」トップ閲覧

●スタンプ・着せ替えのダウンロード等

詳しくは「LINEモバイル|データフリー」をごらんください。

上記のことがデータ通信の対象外として好きなだけ使えたら、かなり便利なことだとは思いませんか?

仮に電話が使えない500円のプランでも、LINEのトークが使えるなら、通信手段としてはなんの問題もないです。TWitterやFacebook、Instagramなども投稿・閲覧が可能ですし、大手キャリアと比べても「劣る」ということはないと思います。家族間の通信もLINEでグループをつくれば済みますし、やりたいことは十分にできると思います。

500円プランについては下記記事も参考にしてみてください。

LINEモバイル500円プランは大丈夫?疑問点をスッキリ解消!

2019年10月15日

 

違約金の変更

中には「どうしても電話番号はそのまま使用したいのよ」という人もいるかもしれません。LINEモバイルは電話番号はそのままで乗り換え可能です。
仕事の関係でどうしても電話番号を変えずに変更したいという人にだって良心的です。

マジ簡単!LINEモバイル電話番号はそのままで乗り換え可能?

2019年10月28日

音声通話SIMには最低利用期間12ヶ月間というものが存在しています。それより前に解約をしてしまうと違約金が発生してしまいます。

レンタルという感覚からすると、音声通話SIMは向いていません。データSIMでも実は通話をすることは可能なので、どうしてもお金をかけたくないという人は下記記事を参照してください。

LINEモバイルデータSIMで通話は可能?裏技050を公開!

2019年10月18日

しかしこの違約金について、手数料の改定がありました。

解約手数料
●2019年9月30日までの申し込み分
   9,800円

●2019年10月1日以降の申し込み分
   1,000円

上記変更により、これからLINEモバイルに申し込みをする人は、違約金1,000円で解約することが可能となります。

音声通話SIMは基本料金が1,200円からですから、とりあえずお試しで1,200円のプランに入ってみて、嫌だったら解約する。2,200円でも、大手キャリアと比べると、破格の安さでしょう。そう考えるとこのプランをレンタルの代わりに試してみることもアリな気がしませんか?

オプションやキャンペーンは?

ちなみに、少しはお金をかけてもいいわという人は、オプションを付けることもアリです。

このオプションには、契約期間がありません。データSIMに好きなオプションを付ける。お試しで使ってみて、嫌ならやめる。これなら違約金は発生しません。

LINEモバイルには多くのキャンペーンもあります。しかし、お試し目的の人にはお勧めできません。

お試し目的で1ヶ月だけ使用して解約をしてしまうと、キャンペーン狙いで契約したと勘違いされる恐れがあるからです。そうなってしまうと、契約したキャンペーンを適用してもらえません。

キャンペーンでの契約をする時は、ある程度の期間そのプランでスマホを使うことを前提としている時にしてください。

ユカリ
なるほどね。あなたが言った意味がようやく分かったわ。確かにデータSIMなら解約は好きな時にできるし、オプションだって解約手数料がかからないから、お試し=レンタルとしてはもってこいね。
ハヤト
だろう。友人にはそう説明してあげればいいよ。こうして考えてみると、変に他のところで契約するよりもLINEモバイルで契約したほうが絶対にお得だよな。財布にやさしいというか、万人向けに考えられているんだよな。
ユカリ
そうね。そこのところを言ってみるわね。ありがとう、あなた。

 

まとめ

LINEモバイルには、「端末をレンタルする」というシステムは存在しません。

しかし、レンタルに代わるお試しのプランなら存在します。
データSIMとデータSIM(SMS付き)の2種類は、解約した時の違約金が発生しません。つまり、いつでも解約可能です。
一番安いプランなら月額500円から持つことができます。

LINEモバイルはデータフリーになる機能が多いので、ラインやメール主体でスマホを使う人にはとても便利です。

音声通話SIMは最低利用期間12ヶ月間というものが存在しますが、仮に途中で解約をしてしまっても、2019年10月1日以降の申し込みなら違約金は1,000円です。

また、オプションも多くありますが、オプション自体に契約期間は存在しないので、いつ解約をしても違約金は発生しません。データSIMに好きなオプションをプラスして、お試ししてみるのもアリです。

いかがですか?

値段が安くて、違約金もないなら試してみる価値はあるかもと思った人もいるのではないでしょうか。

大手キャリアでお金をかけるのもいいですが、どうせなら、あまりお金をかけないで快適なスマホライフを目指してみるのもいいのではないでしょうか。この機会に、スマホの見直しをしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です