LINEモバイルは新規番号契約しないと損!?徹底リサーチ!

LINEモバイルって「大手キャリアから乗り換え」のイメージが強くありませんか。月々のスマホ代を節約するために格安SIMに乗り換えたいという人って、少なくないと思うんです。

LINEモバイルでスマホを契約する時、新規番号契約とMNP転入(電話番号そのままでの契約)という2つの方法から選べます。

でも、大手キャリアをはじめとする他社からLINEモバイルへ契約を変更する時、わざわざ新規で番号を契約する意味ってあるんでしょうか。電話番号そのままで乗り換える方が、はるかに楽だと思いませんか。

でも、新規番号契約とMNP転入のどちらを選ぶかで手続きの方法や料金に差が出るとしたらどうでしょうか。何も知らずに契約して失敗した、なんてことがないようにしたいですよね。

この記事ではLINEモバイルで新規番号を契約するメリット、デメリット、注意点を紹介します。手続きの手順も必読です。

 

LINEモバイルで新規番号を契約するメリットとは?

まずはLINEモバイルで新規番号を契約するメリットを紹介します。新規番号契約をオススメする理由は2つです。

メリット1:手続きが簡単、シンプル

契約手続きには、難しそう、面倒といったマイナスイメージがつきものです。簡単、楽に越したことはありませんよね。新規番号契約の手続きはとてもシンプルです。MNP転入と比較してみましょう。

【新規番号契約の場合】

  1. LINEモバイルの申し込みを行う
  2. SIMカードが届いたらネットワークの設定を行う 

【MNP転入の場合】

  1. MNP予約番号を取得する
  2. LINEモバイルの申し込みを行う
  3. SIMカードが届いたら利用開始手続きを行う
  4. ネットワークの設定を行う

MNP転入の場合、LINEモバイルを申し込む前にも準備が必要です。SIMカードが届いた後の手続きも新規番号契約の場合よりも複雑です。こうした設定が苦手な人や手続きをなるべく早く簡単に済ませたい人は、新規で番号を契約した方が良いですよね。

ハヤト
スマホを変えると、初期設定以外にも何かと設定が必要になりますよね。ここはサクッと終わらせましょう!

メリット2:MNP転出手数料がかからない

ソフトバンク、ドコモ、auでは通常、MNP転出の手続きに3,000円の手数料が発生します(2020年2月現在)。でもこれはLINEモバイルで新規番号を契約する場合には一切かからない費用です。

ユカリ
私たちのように家族4人で乗り換えるとしたら、12,000円かかるってことね。なかなか大きな金額だわ。

それぞれの携帯電話会社での契約内容、プランによっては契約解除料が発生することもありますから、余計な出費は抑えたいところですよね。

 

LINEモバイルで新規番号を契約するデメリット、注意点

ここからはデメリットと注意点を紹介します。

デメリット:電話番号の変更を多くの人に知らせなければならない

これが大きなデメリットですよね。時間も労力も奪われます。

新しい電話番号を知らせなければならない相手は、連絡先に登録している友人や知人だけではありません。金融機関など個人情報を登録しているところにも届け出を出さなければなりませんよね。

また電話番号が変わるとTwitterなどのSNSアカウントの凍結にもつながりますので、注意が必要です。

ただ、LINEでつながっている人には電話番号の変更を知らせる必要がありませんよね。LINEで連絡を取り合うことが多い人には、これはさほど大きなデメリットにはなりません。

注意点:電話番号の最初の3桁は選べない

現在、携帯電話の番号は、最初の3桁に「090」「080」「070」が用意されています。キャリアでは携帯電話番号を提示されたものの中から選ぶこともできますが、LINEモバイルではそうではありません。

「090」「080」は比較的なじみのある番号ですが「070」はなじみがない人が多いのではないでしょうか。今ではよく使われている「080」も、普及し始めた頃は「090」と混同してしまう人がいました。

電話番号を間違えたら大変なことになりますよね。機能も信用性も全く変わらないものの、なじみのない番号にあたる可能性があることを覚えておきましょう。

ハヤト
新しい番号は覚えるまでに時間がかかるよね。
ユカリ
そうね。でも私は電話ができるならどんな番号でも良いわ。

 

LINEモバイルで新規番号を契約する手続きの手順

メリットでも手続きの手順に少しだけ触れましたが、ここから詳しく解説していきたいと思います。

手順1:LINEモバイルの申し込みを行う

LINEモバイル公式サイトで申し込むことも、近くの家電店で申し込むこともできます。家電店の検索はLINEモバイル公式サイトで行えます。

公式サイトで申し込む場合、ページ右上の「申し込む」から進んで、案内の通りに進んでください。家電店では店舗スタッフの方の案内にしたがってくださいね。

補足
運転免許証などの本人確認書類が必要です。あらかじめ用意しておきましょう。

SIMカードが届いたら、次の手順に進んでください。

手順2:ネットワークの設定を行う

「APN設定」といいます。「APN」は「Access Point Name(アクセスポイントネーム)」の略で、この設定を行うとネットワークにつなぐことが可能になります。

iPhoneとAndroidでは手順が違います。APN設定について詳しくはこちらの記事で解説していますので、合わせてご覧ください。

すぐにできる!LINEモバイルのAPN設定方法をご紹介!

2019年10月25日

ハヤト
ちなみにSIMカードと一緒にスマホ端末を購入した人は、この設定は不要です。届く時にはすでに設定されているので安心してくださいね。

 

まとめ

どちらの契約方法を選ぶか、決まりましたか。オススメは新規番号契約です。ぜひメリットとデメリットを比較してみてくださいね。

新規番号を契約するメリット

  • 手続きが簡単、シンプル
  • MNP転出手数料がかからない

新規番号を契約するデメリット、注意点

  • 電話番号の変更を多くの人に知らせなければならない
  • 電話番号の最初の3桁は選べない
新規番号を契約する手続きの手順
  1. LINEモバイルの申し込みを行う
  2. ネットワークの設定を行う

さて、契約を決めたらLINEモバイルをもっとおトクに申し込みましょう。詳しくはこちらの記事をご覧くださいね。

LINEモバイルのエントリーコードとは?おトクに契約しよう!

2019年12月24日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です