LINEモバイルの低速モードはどう使う?その疑問待った!

ユカリ

今月もやってまいりました。【 通 信 制 限 】のお時間です。

毎月20日を超えるあたりで、携帯会社から”データ容量が不足しました”という内容のメールを受け取った経験がある方はどれだけいるでしょうか。私は大手キャリアのスマホを利用していますが、ほぼ毎月受け取ってきました。

このメールが届くと同時に通信スピードがガクンと遅くなり、イラっとした経験、ありますよね。TwitterやFacebookのタイムライン投稿に時間がかかったり、Instagramの画像が全然表示されなかったり。思い出すだけでイラっとしちゃいますよね。

対策として、低速モードを用いてデータ容量の使用を節約している人も多いかと思います。では、LINEモバイルの場合、低速モードはどう使えばよいのでしょうか。今回はLINEモバイルの低速モード、さらには通信制限に関するお話をしていきましょう。

 

LINEモバイルに低速モードはありません

結論から言いますと、LINEモバイルには低速モードはありません。冒頭から何を言っているんだと思われる方、いらっしゃるかと思います。低速モードとは、”あらかじめ通信スピードを落として通信使用量を節約する”為の手法で、ご自分で設定するものです。

低速モードは、動画や画像のような大量のデータを表示する際は時間が数倍かかりイライラの原因となりますが、SNSなどの文字を読み込む際はスピードの違いが感じられない為サクサク使えるという利点があります。

しかしLINEモバイルでは、その設定がそもそもできないのです。プランによってデータ容量は決まっていますが、そのデータ容量を使い切るとスピードが低速になるだけで、ご自分であらかじめ低速に設定ができないということになります。

 

LINEモバイルでデータ容量を使い切ったらスピードはどうなる?

前述したとおり、プランで設定されているデータ容量を使い切ると、通信スピードは遅くなります。ですので、動画やライブ配信を毎日見続けていると、あっという間にデータ容量を使い切ってしまい、通信スピードが遅くなります。

他社ではバースト機能という、最初の読込むスピードだけ早くするという機能もありますが、LINEモバイルではバースト機能もありません。

 

LINEモバイルのプラン別データ容量
  • 1ギガバイト
  • 3ギガバイト
  • 5ギガバイト
  • 7ギガバイト
  • 10ギガバイト

 

3ギガバイトで利用できる目安
  • テキストメール(300文字) 約198,000回
  • ホームページ(300KB) 約9,900回
  • YouTube(360P)約4MB 約12時間

引用:LINEモバイル公式サイト

 

ちなみに、LINEモバイルで容量を使い切り、スピードが低速になった時の数値は”200kbps”になります。この数値は、LINEがスムーズに動く為に必要な最低限の速度と言われています。

LINEフリープラン(月額500円)の場合はLINE同士の通話・トークのみ使い放題となりますので、どのプランを選んでもLINEは問題なく使えるということになります。まさにLINEモバイルならではですね。

携帯会社 D社 A社 S社 LINEモバイル
低速時のスピード数値 128kbps  128kbps 128kbps 200kbps

 

LINEモバイルでのデータ容量をチャージする方法

通信制限になってしまった場合でも、メールやLINEは最低限使用することが可能です。ですが、”遅いは遅い”、ですよね。

人間というのは、日常当たり前のように使用している環境に慣れている状態で急にクオリティが低くなってしまうと、怒るほどに不満を感じずにはいられません。そんな方の為に、LINEモバイルではデータ容量を追加購入できます。

回線 ドコモ回線 au回線 ソフトバンク回線
0.5GB 500円 500円 500円
1.0GB 1,000円 1,000円 1,000円
3.0GB 3,000円 無し 無し
1ヶ月間の回数制限 合計3回まで 合計10回まで 合計10回まで
最大合計追加容量 9GB・9000円 10GB・10,000円 10GB・10,000円

この表を見て既にお気づきの方もいらっしゃるかと思います。とっても割高です。なぜなら、LINEモバイルで一番容量が多いプランが、10ギガバイトまでです。

追加購入を合わせると、どのプランを選んだとしても、たったの20ギガバイトであるにもかかららず基本料金が軽く1万円を越えてしまうのです。LINEモバイルをご利用の際は、データ容量を追加することは可能な限り避けた方がよいでしょう。

LINEモバイルユーザー限定も!ギガの追加方法教えます!

2019年10月9日

 

LINEモバイルに低速モードが無い理由と最大の利点

ユカリ

ということは、LINEモバイルは他の携帯会社よりも容量が使えない分損をするってことなの?

いいえ、違います。LINEモバイルには低速モードなどを使うよりも、もっと有効的な特徴があります。それは、”SNSが使い放題”という点です。これはLINEモバイル独自のサービスでして、最大の利点とも言えます。

その理由は、LINE、Facebook、Twitter、Instagramが使い放題になるという点です。以下にどんなことが使い放題なのかをまとめてみました。

データフリーで使い放題できる各SNSの機能
LINE 音声通話 トーク 画像・動画の送受信 タイムライン
twitter  タイムライン 画像付きツイート ツイート ダイレクトメッセージ
Facebook   タイムライン 画像・動画投稿 コメント お知らせ表示
Instagram  タイムライン 画像・動画投稿 アクティビティ ダイレクトメッセージ

引用:LINEモバイル公式サイト

 

ニュースやライブ等の機能は使い放題には含まれておりませんが、基本的な機能は画像・動画でも使い放題となるのがいいですね。動画を見る以外では、データ容量を多く使用する主な原因にSNSの利用頻度も関わってくる為、SNSが使い放題になるだけで使用する容量は大幅に削減できます。

SNSを使い放題にするには、基本プランを”コミュニケーションフリー”か”MUSIC+”にする必要があります。”MUSIC+”はSNS使い放題に加えて、LINEミュージックの使用量もフリーになるプランです。ただし、容量がフリーになるだけで、使用料金(月額料金等)はかかりますのでご注意ください。

使用目的として、LINEミュージックを利用しないのであれば、”コミュニケーションフリー”を選択するようにしましょう。

引用:LINEモバイル公式サイト

LINEモバイルコミュニケーションフリーとは?無限にSNS利用?

2019年10月7日

 

まとめ LINEモバイルで通信制限を気にせず有効利用しよう

今回はLINEモバイルの低速モードや通信制限に焦点を当ててまとめてみました。読んでいただければおわかり頂けたかと思います。

LINEモバイルはSNSに特化した格安スマホになっております。それを踏まえたうえで、私が考える最も有効なプラン・使い方を以下にまとめてみました。参考にして頂ければ幸いです。

LINEモバイルおすすめプラン
  • 料金プラン    コミュニケーションフリー 3GB 音声通話SIM 月額1,690円
  • 通話オプション  10分かけ放題 880円
  • その他オプション Wi-Fiオプション 月額200円

月額料金合計:2,770円 (初期費用別途)

このプランを組むことで、10分以内の音声通話使い放題、SNS使い放題が可能になり、誰と連絡を取る時でも基本料金のみで利用することができます。

さらに、対象外サービスの動画配信などを見る際は、Wi-Fiオプションを利用することにより、国約49,000ヶ所もある公衆無線LANサービスを利用することでデータ使用量を抑えることが可能になります。

これにウィルスバスターオプション(月額420円)を加えると、さらに安全性も高めることも可能です。LINEモバイルでこのように組み合わせると、料金を抑えつつ通話料金や通信制限におびえることなく利用することが可能になります。

是非、LINEモバイルの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ハヤト

今まで毎月後半になると不安がっていた【通信制限】が全く気にならなくなりますよ!

LINEモバイルの5GBプランがおすすめ!その理由をご紹介!

2019年10月7日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です