LINEモバイルを解約したい!クーリングオフ制度は適応可能?

LINEモバイルの申込は公式サイトから簡単にできるのでとても便利ですね。

しかし、公式サイトからの申込ではスタッフが実際に詳しく説明してくれることはありません。

そのため、

「万一使用してみて、想像と違っていた場合に契約解除は可能なの?」

「申し込んだ機種が不良品だった場合はどうしたらいいの?」

と不安に感じることがあるかもしれません。

今回はLINEモバイルを契約した後に「やっぱり解約したい!」と思ったときに、解約手数料を支払わずにキャンセルができるかどうかについて解説します。

本記事を通して、これからLINEモバイルに申込予定の人の不安を少しでも解消できたら幸いです。

 

LINEモバイルではクーリングオフ制度は使えない

クーリングオフ制度とは商品を購入してから一定の短期間内(8日間)であれば無料で契約を解除できる制度のことです。

しかし、クーリングオフが「適応できる契約」と「適応できない契約」があり、残念ながらLINEモバイルにクーリングオフ制度は適用できません。

というのも、LINEモバイルの公式ホームページから申し込んだ時点で契約の内容に納得していると見なされるので、自己都合の契約解除は基本的に受け付けていないことがクーリングオフ対象外の理由です。

そのため、「詳しく契約内容を読まずに契約してしまって後悔」という事態にくれぐれもならないよう、LINEモバイルの申込では契約内容をしっかり納得した上で契約に進むことが大切です。

また、LINEモバイルではスタッフに直接質問ができるカスタマーサポートも充実している上、本サイトではLINEモバイルに対するさまざまな疑問点を公式ホームページよりも分かりやすく記載していますので、ぜひ存分にご活用ください。

LINEモバイル側に問題がある場合は?

とはいえ、万一、

  • 機種の初期不良
  • SIMカードが使えない

などの明らかに「LINEモバイル側に問題がある場合」であれば、契約してから8日間以内であれば、手数料が発生せずに契約解除が可能です。

この制度を「初期契約解除制度(8日間キャンセル制度)」と言います。

それでは、詳しくみていきましょう。

 

初期契約解除制度(8日間キャンセル制度)とは?

8日間キャンセル制度とは、契約書面の受領日またはサービス開始日のいずれか遅い方の日から8日以内であれば解約手数料を支払うことなく契約を解除できる制度です。

そのため、LINEモバイルを契約してから不都合が見つかれば、必ず8日間以内に契約解除申込が必要となります。

「機種に不都合があるのであれば無料でキャンセルできるのは当然でしょ!」と考えられがちですが、実はこの8日間キャンセル制度も2016年5月までは存在していませんでした。

しかし、それでは消費者が不利になると考えられていたことから、2016年5月の電気通信事業法の改正によって定められたのが「初期契約解除制度」になっています。

この改正は消費者にとって、かなり有利になりました。

ハヤト
ちなみに、「電気通信事業法」とは電気通信事業について定めている日本の法律のことだよ。

クーリングオフ制度との違い

これまでの解説を通して、「クーリングオフ制度と初期契約解除制度って同じじゃないー?」と感じている人がいるかもしれませんが、実はクーリングオフ制度と初期契約解除制度は以下の明確な違いがあります。

解説
クーリングオフ制度:自己都合の契約解除が可能

初期契約解除制度:サービスを提供する側に問題がある場合のみ解約が可能

なので、LINEモバイルを8日間以内に解約できるのは「LINEモバイルに問題がある場合のみ」ということになります。

 

自己都合で解約、8日目を過ぎてからの解約は通常契約解除

明らかにLINEモバイル側に問題がある場合は「初期契約解除制度」を利用すれば、8日間以内に手数料を支払うことなく解約が可能とお伝えしました。

しかし、

  • 自己都合で契約解除したい場合
  • 契約してから8日を過ぎてしまった場合

であれば、「通常の解約手続き」が必要です。

その場合の必要な料金について以下にて解説します。

解約手数料が発生するのは音声SIM契約の場合のみ

LINEモバイルでは、

契約期間
データSIM:最低利用期間設定はない

音声通話SIM:契約から12か月間

となっています。

そのため、

データーSIM:契約後、いつ解約しても違約金が発生しない

音声通話SIM:契約期間内で解約したい場合は、解約手数料が発生する

という仕組みになっています。

加えて、音声SIMの解約手数料は下記の通りです。

  • 2019/5/1~2019/9/30までに利用開始日を迎えた場合:解約手数料¥9,800
  • 2019/10/1以降に利用開始日を迎えた場合:解約手数料¥1,000
ハヤト
利用開始日によって解約手数料が異なってくるので注意が必要だよ。

キャンセル手続き手順

契約をキャンセルするためには、マイページからの手続きが可能です。

手順は以下の通りになります。

  1. マイページにてIDとパスワードを入力してログイン
  2. マイページにある「解約・MNP転出」をクリック
  3. MNP予約番号を発行してもらう
  4. 解約理由を入力
  5. 解約を申し込むボタンをクリック
  6. 解約受付のメールが届いたら完了
MNPとは
MNPとは携帯電話番号ポータビリティの略で、今の電話番号そのままで他社に乗り換えることができるサービスのことです。

他社のキャリアに乗り換えたいけれど、電話番号を変更したくない、という人に対してとても便利なサービスとなっています。

キャリアを解約する場合は必ず解約する前にMNP予約番号を発行してもらうことが必要です。

 

まとめ

LINEモバイルを初期契約解除できる場合についてご理解いただけましたでしょうか?

最後に簡単におさらいしておきますと、

  • LINEモバイル契約後の自己都合の契約解除は不可
  • 機種本体の不備や通信トラブルなどの明らかにLINEモバイル側に問題がある場合であれば8日以内に初期契約解除が可能。この制度は「初期契約解除制度」、もしくは「8日間キャンセル制度」と言われている。

LINEモバイルは料金が安いので、一刻も早くそのサービスを受けたくなる気持ちは非常に理解できます。

しかし、契約した後に「思っていたのと違っていた」という事態を避けるために、契約申し込みする前に一度立ち止まって「この契約内容に本当に納得できているだろうか?」と自問自答してみることをおすすめします。

以上、ご参考になりましたら幸いです。

ユカリ
みなさんが素敵なLINEモバイルライフを過ごせますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です