LINEモバイルおすすめの回線はコレ!大手3社徹底比較!

LINEモバイルの契約を考えている人にとって、ソフトバンク、NTTドコモ、auといった3社のどの回線を利用するかが悩みどころではないでしょうか。契約も解約もそれなりに手間がかかりますから、なるべく失敗したくないところですよね。

迷っているあなたに、僕はソフトバンク回線をおすすめします。

LINEモバイル株式会社は2016年に「LINEモバイル」をリリースしたあと、2018年にソフトバンクの子会社となりました。LINE株式会社が2018年3月20日にこのように発表しています。

総合通信事業者であるソフトバンクが持つ知見やノウハウを「LINEモバイル」のサービス展開に生かすことで、通信顧客基盤拡大のためのマーケティングや市場・顧客分析、ロジスティクス基盤の構築、端末のラインアップ充実などを行っていく予定です。

引用:LINE公式サイト

これを見る限りソフトバンクのカラーが色濃く反映されそうですよね。もちろん、ソフトバンクだけでなくNTTドコモやauの回線の特徴も知って、あなたに合う回線を見つけていただきたいと思っています。

そこで今回はソフトバンク、NTTドコモ、auの3社の回線を比較しつつソフトバンクの回線をおすすめする理由を紹介します。

 

ソフトバンク・NTTドコモ・auの3社の共通点

実はどの回線でも、基本の料金やサービスは変わりません。初期費用から料金プラン、オプションまで3社共通です。またどのキャリアのスマホでも、乗り換えて使うことができます。

初期費用
ウェブ登録事務手数料 3,000円
SIMカード発行手数料 400円
料金プラン
LINEフリー 月額500~1,200円
コミュニケーションフリー 月額1,110円~3,220円
MUSIC+ 月額1,810~3,520円
共通オプション
端末保証 月額450円
持込端末保証 月額500円
LINE MUSICオプション 月額750円
Wi-Fiオプション 月額200円
ウイルスバスターオプション 月額420円
フィルタリングオプション 無料
その他のサービス
いつでも電話 利用可能
LINE年齢認証 利用可能
いつでもヘルプ 利用可能

参考:LINEモバイル公式サイト

プランはLINEフリー、コミュニケーションフリー、MUSIC+の3つから選べます。それぞれ、LINEやその他のSNS、LINE MUSICの通信が無制限になるプランです。月額の価格はそれら以外で使用する1ヶ月のデータ容量によって変わります。

データ容量とは

スマホでインターネットやアプリを使用するときにデータ通信が行われますよね。その量を表しており、GB(ギガバイト)といってデータのサイズを表す単位を用います。

どれだけの量を消費するかは使い方によってちがうので、それぞれ選択できるようになっているんですね。

LINEフリーのプランは、ほとんどの連絡がLINEで済んでしまうという人向けです。LINE以外でもスマホを活用される方はデータを追加で申し込むと良いでしょう。

コミュニケーションフリーのプランは、LINEだけでなくTwitterやFacebook、InstagramなどのSNSをフル活用する人に申し込んでもらいたいプランです。SNS以外でスマホを活用される方はデータ容量に応じて3GB、5GB、7GB、10GBから選んでください。

MUSIC+のプランはLINE、Twitter、Facebook、Instagramだけでなく、LINE MUSICを利用する人におすすめです。こちらのプランも、もSNSやLINE MUSIC以外でスマホを活用される方はデータ容量に応じて3GB、5GB、7GB、10GBから選んでください。

ハヤト
あなたが現在使っているスマホの「ストレージ」を見てみてください。どのアプリでどれほどデータを消費しているか調べると、どのプランを選んだら良いかがわかります。

さて、それではソフトバンクと他の2社の何がちがうのでしょうか。さっそく紹介していきます。

 

ソフトバンクがおすすめな理由①豊富な通話オプション

3社で比較できる通話オプションは以下の通りです。

オプション ソフトバンク NTTドコモ au
留守番電話

(申し込み不要

無料

30件保存可能

保存期間は72時間

留守番電話プラス 月額300円

100件保存可能

保存期間は1週間

月額300円

20件保存可能

保存期間は72時間

月額300円

99件保存可能

保存期間は1週間

グループ通話 月額200円

最大6人まで可能

月額200円

最大3人まで可能

迷惑電話ストップ

(着信履歴も非表示)

月額100円

最大20件まで登録可能

無料

最大30件まで登録可能

月額100円

最大30件まで登録可能

国際ローミング 無料

参考:LINEモバイル公式サイト

ソフトバンク回線では申し込み不要で留守番電話のオプションがついてきます。大手キャリアで契約をしているスマホでさえ留守番電話のオプションは有料になることもありますから、無料は嬉しいポイントですよね。

月額300円で留守番電話プラスを申し込むことにより留守番電話の機能をアップグレードすることもできますが、そのままでも30件の保存が可能ですからそれで充分だと思いませんか。

ユカリ
ドコモの回線で留守番電話プラスを利用するよりお得ね!

とはいえ、NTTドコモ回線の強みもあります。迷惑電話がストレスになる人はNTTドコモの回線が魅力的に感じられるのではないでしょうか。

ハヤト
僕だったら、そんなに迷惑電話がかかってくるなら電話番号自体変えたいなあ。
ユカリ
身もふたもないこと言うのね。電話番号が変わったことを伝えるのだって大変よ。

また、国際ローミングといって海外に行ったときにデータ通信契約不要でスマホ端末を利用可能にするオプションはNTTドコモでしか提供されていません。海外出張が多い人や海外旅行が好きな人にとっては見逃せないポイントですね。

補足

実はau回線は、2019年4月にLINEモバイルに加わったばかりです。機能、サービスにおいてまだまだ発展途上にあるといえます。

 

ソフトバンクがおすすめな理由②安定した通信速度

LINEモバイルユーザーの方々のコメントを集めてみました。

ソフトバンクと業務提携しているだけあって、通信速度の面でソフトバンクが圧倒的に支持されているようです。人によって感じ方はちがうと思うのですが、現状では「ソフトバンクが速くて安定している」という声が多数ですね。

各回線の通信可能なエリア

それぞれのキャリアのサービスエリアと同じです。公式サイトで調べることができます。

 

ソフトバンクがおすすめな理由③iPhoneを購入できる

LINEモバイルでは様々なスマホ端末を販売しています。販売端末の中には使いやすいと人気の「iPhone6s」もありますが、これを購入できるのはソフトバンク回線を申し込む人だけなんです。

今持っているiPhoneを使わず新規で申し込む場合、NTTドコモやau回線を選ぶ人はiPhoneを使うことができなくなってしまいます。

ユカリ
iPhoneユーザーの人は、新規で申し込むならソフトバンク一択ね!

 

契約前に知っておきたい「SIMロック」解除

「SIMカード」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは「シムカード」と読みます。

キャリアの販売店では、購入時にスタッフの人が端末に挿し込んでくれますから見たことがない人もいるかも知れません。でもこれがなければ通信ができませんから、スマホを使うためには欠かせないものです。

「SIMロック」とは契約しているキャリアの通信以外、使えないようにロックされている状態を指します。スマホの購入先がソフトバンクであればソフトバンクの通信のみ、NTTドコモならNTTドコモの通信のみ、auならauの通信のみ、といった状態です。

大手キャリアのスマホから端末そのままでLINEモバイルに乗り換える場合、SIMロックを解除しなければならないケースがあります。

スマホを購入したキャリアとLINEモバイルで使用したい回線の種類がちがう場合には、SIMロックを解除しなければなりません。購入先はソフトバンクであっても、LINEモバイルに乗り換えてNTTドコモの回線を利用したい、といったケースなどです。

場合によっては、ソフトバンクで購入しLINEモバイルでもソフトバンクの回線を利用したい、といったケースでもSIMロック解除が必要になります。

ユカリ
どのキャリアの回線も使えるようにロックを解除するってことね!
ハヤト
LINEモバイル公式サイトで、自分のスマホがSIMロック解除の対象かどうか調べることができるんだだよ。契約する前に確認しておく必要があるね。
各キャリアの「SIMロック」解除方法

それぞれのキャリアの公式サイトで、解除方法が説明されています。

 

契約後に回線を変更したくなった場合

実はLINEモバイルでは、契約後でも回線を変更することが可能です。使ってみてわかることもありますから、あとから回線を変更するのもひとつの手ですよね。

補足
現在、回線が変更できるのはソフトバンクとNTTドコモ間のみです。auへ、またauからの回線変更はできません。今後、サービス提供予定のようです。(2019年10月現在)

【回線変更の手順】

①動作確認済み端末かどうか確認する

LINEモバイルで使える端末かどうか、LINEモバイル公式サイトで確認してください。

注意
契約するときにSIMロック解除を行なっていない場合、ここで解除しなければならなくなります。

②マイページで回線変更の手続きを行なう(所要時間5分)

マイページにログインして「○○回線に変更」をタップしてください。申し込んだら「回線変更受付のお知らせ」のメールが届きます。

このあと新しいSIMカードが発送されますので、受け取ったら次のステップへ進みます。

③マイページで利用開始手続きを行なう(所要時間2~3時間)

マイページにログインして「回線変更の利用開始手続き」を実行してください。

「回線変更完了」のメールが届いたらあと一歩です。「圏外」の表示が完了の合図です。

④端末をオフにして、SIMカードを差し替える

端末の電源を切ってください。これまで使っていたSIMカードは使えなくなりますので、新しく届いたSIMカードに挿し変えます。

⑤端末を再起動しSMSを受信する

端末を起動するとSMSが届きます。指示にしたがって電話番号を確認すると、回線変更が完了します。

参考:LINEモバイル公式ブログ

 

まとめ

ソフトバンク、NTTドコモ、auそれぞれの回線について知っていただけたでしょうか。

まとめ
  • 基本の料金、サービスは3社共通
  • ソフトバンクは豊富な通話オプションと安定した通信速度を提供しており、iPhoneの購入が可能
  • 契約前に「SIMロック」を解除しておくと安心
  • 契約後でもauを除き回線の変更が可能

LINEモバイルは、LINEフリーのプランを選べば月額ワンコインで始められます。LINEモバイル公式サイトで料金のシミュレーションをしてみてはいかがでしょうか。

たとえば1ヶ月で5,000円を節約することができたら、年間で60,000円の貯金も夢ではありません。2人家族なら年間120,000円、4人家族なら240,000円の貯金が可能になります。

ハヤト
年間で考えると大きな額になるよね。
ユカリ
本当!これなら家族で旅行に行けるかも。

あなたも上手にスマホ代を節約してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です