LINEモバイルは海外で使える?国際ローミングについて解説!

海外旅行に行くときの必須アイテムといえばスマホですよね。海外に行くと地図を見たり観光地の検索をしたりできるのでとても便利ですよね。また、友達や家族と行く場合にはもしものときに備えて必ず連絡がとれる状態にしておきたいですよね。

しかし、格安SIMのLINEモバイルではそもそも海外で使えるのか疑問に思う方もいらっしゃると思います。

この記事ではLINEモバイルは海外で電話ができるのかという国際ローミングについての解説とLINEモバイルはネットにつながるのかといった疑問を解消していきます。

知らずに使って後日高額な請求がきてしまったということがないよう旅行前にしっかり確認しておきましょう。

 

国際ローミングとは?

国際ローミングという言葉はあまり耳にしない方もいらっしゃると思うので簡単にご説明します。

国際ローミングとは国内で契約した携帯電話等を海外で利用することです。海外に行った際に海外通信会社の回線を使い電話、SMSの送受信ができます。

ちなみに、LINEモバイルではドコモ回線のみオプションで国際ローミングを利用できます。

ソフトバンク回線、au回線では国際ローミングの利用はできません。

国際電話と国際ローミングの違い

先ほど説明した国際ローミングですが、国際電話と似ているので違いをご説明していきます。

国際電話とは日本から海外へ電話をすることを指します。国際ローミングとは海外での電話やSMSの送受信のことを指します。

LINEモバイルでは国際電話は無料のオプションでソフトバンク、au、ドコモ回線で使えます。また、架電先により異なりますが通話料が別途かかります。

国際電話と国際ローミングは似ていますが内容を間違えないようしっかり覚えておきましょう。

国際ローミングのオプション内容

LINEモバイルでは国際ローミングを利用するにはオプションの申し込みが必要です。

先ほども言った通りオプションを利用できるのはドコモ回線のみとなっていますのでご注意ください。

また、このオプションは音声通話SIM用となっています。

オプションは無料で申し込めますが海外でのSMS送信料は使った分だけ料金が発生します。

国際ローミングの申し込みについて

このオプションは利用開始日が属する月の3ヶ月後の1日から利用可能となっています。

例えば9月30日が利用開始日の場合は12月1日から加入が可能です。

つまりLINEモバイルを契約してすぐにはこのオプションを申し込むことができないということです。契約後に海外へ行かれる際は注意が必要です。

申し込みはマイページの「プラン⋅オプション」から可能です。また、解約は手続きした翌日には解約完了となります。

 

国際ローミングの注意点

国際ローミングを利用する際に注意しておきたいポイントをいくつかご紹介していきます。

国際ローミングには限度額がある

国際ローミングは利用限度額が月50,000円までとなっています。

上限に達すると同月末日まで国際ローミングサービスを利用できなくなるので注意が必要です。

ご利用限度額が50,000円までと設定されているので逆にいうとそれ以上の金額を請求される心配がないということにもなります。

ちなみに国際電話の利用限度額は月20,000円となっています。

オプション申し込みに時間がかかる

海外に行く前に前もって準備しておきたいのがオプションの申し込みです。

オプション自体は無料で申し込むことができますが、申し込みの際にパスポートの提出が必要となっています。LINEモバイルにて審査を行うため時間がかかる場合があります。

申し込みを忘れると海外で国際ローミングが使えないので忘れずに申し込みましょう。

余裕を持つためにも予定が決まったらすぐに申し込むことをおすすめします。

また、LINEモバイルの審査により申し込みが不適切と判断された場合は申し込みが自動的にキャンセルされます。

国際ローミングのSMS送信料

LINEモバイルではSMSの送信に料金が発生します。料金がかかるのは送信だけで受信するのは無料となっています。

SMS送信料は海外から日本へ送信した場合1通100円かかります。国内同士であれば3~30円ほどなのでそれに比べるとやや高い金額となっています。

何通も送信してしまうと結構料金がかかってしまうのでもしものときに使うという意識を持っていると良いかもしれません。

国際ローミングの通話料

SMS送信料がかかるように通話した場合にも料金が発生します。海外で使用するので通常の通話料とは異なるので注意が必要です。

また、通話料は国によって違ってきます。金額は高いですが緊急時には必要に応じて国際ローミングで電話を利用しましょう。

料金について気になる方はドコモ公式サイトにて国際ローミングの料金を調べることができますので参考までに確認してみてください。

 

海外でLINEモバイルを使うには?

国際ローミングでは電話とSMSの送受信が利用できますが、気になるのはデータ通信ができるのかどうかですよね。

海外では地図をみたり観光地の検索をしたりネットの利用が必須ですがLINEモバイルではデータ通信をすることができません。これはLINEモバイルに限らず大体の格安SIMでは海外でデータ通信は使えないようです。

しかし、海外でもデータ通信が使える方法があるのでご安心ください。おすすめの利用方法についていくつかご紹介します。

ポケットWi-Fi

海外で使えるポケットWi-Fiをレンタルする方法があります。空港でレンタルできるので事前に予約しておくと当日空港で受け取れて海外で使えるのでとても便利です。

前日や当日でもレンタルできる可能性もありますが余裕をもって予定が決まり次第予約しておくことをおすすめします。

海外でデータ通信をストレスなく使うには日本で手続きがすべて済むポケットWi-Fiが一番使いやすいのではないでしょうか。

プリペイドSIM

こちらは海外で販売しているSIMカードを購入して使用する方法です。

海外では観光用に使いきりのプリペイドSIMカードが販売されています。申し込みや契約などは必要なく、先払い制なのですぐに使うことができます。

期限付きのSIMカードやデータ容量が決まったSIMカードなどの種類があるので現地で用途に合ったものを選んでみてください。

無料Wi-Fi

これは海外で無料Wi-Fiを利用する方法です。セキュリティ面での心配があるのであまりおすすめはできません。

しかしお金もかからず準備も必要ない唯一の方法です。

観光先でのホテルや空港、カフェなどにも設置されているので旅行先の国によっては無料Wi-Fiで充分事足りることもあるかもしれません。

セキュリティ面で心配な方は前もってポケットWi-FiのレンタルやプリペイドSIMカードを準備しておくことをおすすめします。

 

まとめ

海外ローミングについての注意点やデータ通信の利用方法などをご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

今回の記事でのポインㇳのまとめです。

  • 国際ローミングはドコモ回線のみ
  • 国際ローミングはソフトバンク、au回線では利用できない
  • 国際ローミングの申し込みにはパスポート提出は必要
  • 国際ローミングは利用限度額がある(月50,000円)
  • LINEモバイルでは海外でデータ通信はできない
  • データ通信を利用するにはポケットWi-FiやプリペイドSIMカードの購入が必要

事前に準備が整っていれば三大キャリアと同じように不自由なくLINEモバイルを利用できます。

工夫次第でデータ通信で地図を見たりLINEで連絡を取り合ったりできるので忘れずに前もって準備しておきましょう。

スマホの疑問点や不安をしっかり解消して楽しい旅行の思い出を作ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です