LINEモバイルのウィルスバスターとは?個人情報を守ろう!

ユカリ
最近悪質な迷惑メールとか多いわよね、個人情報が漏れたりする原因なのよね。
ハヤト
そう、特に最近は一見すると迷惑メールと気づかないようなものもあるからね!
ユカリ
最近は色んな形で個人情報盗まれたりするって言うし、安全にスマホって使えないのかしら。
ハヤト
そんな時のために、LINEモバイルでも良いオプションがあるんだよ!

amazonからメールが来てアカウントを利用制限しています。
って来たのですが迷惑メールですよね?
支払い方法の情報を更新するのURLが

ttps://amoazeaonacojp.com

になってます。

引用:ヤフー知恵袋

あなたも、最近Amazonなど大手サイトを装ったメールを受け取ったことはありませんか。利用した経験のあるサイトからメールが来ると、何かしら思い当たる節があって思わず開いてしまいそうですよね。

 

そのメール、開くとあなたの個人情報が盗まれてしまうかもしれません。

 

もし個人情報が盗み取られてしまうと、日常生活へ大きなダメージを被ることになりかねません。金銭的にもプライバシー侵害の観点からもその影響は重大ですし、被害に遭ってからでは手遅れです。

見に覚えのない請求が届く、プライベートを収めた写真や動画がネットに流出している等、想像するだけで頭がクラクラしませんか。

そういった事態を防ぐために、LINEモバイルでもセキュリティ向上が期待出来るオプションを用意しています。必要に応じてオプションを追加しておけば、お手持ちのスマホをあらゆる脅威から守ることが出来ます。

毎日のスマホライフを快適に送るだけでなく、安全に送ることが出来たら文句なしですよね。

今日はLINEモバイルにおける安全対策や、インターネットの脅威についてのお話です。

こんな方におすすめ

  • LINEモバイルの安全対策オプションを詳しく知りたい方
  • インターネットにおける危険性を知りたい方
  • 自分でできる、安全にインターネットを使う方法を知りたい方

 

LINEモバイルのウイルスバスターオプション

引用:LINEモバイル公式HP

ユカリ
LINEモバイルのウイルスバスター?どんな機能があるのかしら?

パソコンなどのウイルスバスターと同様に、LINEモバイルでもウイルスバスターオプションをつけることが出来ます。月額は420円で、機能としては以下の通りです。

不正なサイトやアプリをブロック

不正サイトや不正アプリにアクセスしようとした時に、接続をブロックしてくれます。フィッシング詐欺と呼ばれる、偽サイトに呼び込まれ個人情報を盗み取られる事を防ぐ事ができます。

フリーWi-Fiスポットの安全性を判断

フリーWi-Fiスポットは誰でも使える便利なものですが、それだけに危険性も高いのです。危険なWi-Fiスポットを診断してくれる機能も、このオプションに付いています。

例えば、誰かが悪意をもって仕掛けたWi-Fiスポットに繋いでしまうと、そこでやり取りした情報が盗み見される事もあるのです。

ファミレスなどで無料のWi-Fiスポットを見たことはありませんか。実は、その様な場所に偽Wi-Fiスポットが設置されている場合があります。その事を知らない人は、ファミレスの無料Wi-Fiだと勘違いして接続してしまう事が多いようです。

盗難・紛失時のリモート対応

盗難時には、ロック解除しようとしている人を内蔵カメラから撮影する事が出来ます。また紛失時も、内蔵のGPSからスマホのおおよその位置を把握することができます

ユカリ
滅多にない事かもしれないけど、万一の時を考えたら加入したほうがいいのかもしれないわね。
ハヤト
自分で対策が出来ない初心者には、特にオススメかな!

 

スマホを利用する上での脅威は個人情報の漏えい

ユカリ
ウイルスバスターオプションってすごいわね。でもウイルスってそんなに感染するものなの?
ハヤト
ウイルス感染自体は滅多にないと思って良いんだよ。でも、ウイルス感染しなくても、個人情報の漏えいは起きてしまうんだけどね。

スマホ画面に、ウイルスが◯個検出されましたなどと表示された経験はありませんか。あのメッセージ、実は大半はウソの警告なのです。もちろん全てがウソではないのですが、そのほとんどは、ウイルスの対策アプリをダウンロードさせる為にウソの警告をしてきます。

これはダウンロードさせる事で発信元が収入を得られる、言わばアフィリエイトのような事を目的としている人が多いからだそうです。考えると腹が立つイタズラですよね。

このように、ウイルス感染はそんなに多い事ではありません。私たちがもっと恐れなければならないのは個人情報の漏えいなのです。では個人情報の漏えいでどのような被害を受けるのかご説明します。

経済的な被害を受ける

最近はネット通販を利用する方がとても多くなりました。自分の好みにぴったり合うものを探せて、なおかつ店頭で買うより安いことが多いですよね。そのような、数ある通販サイトの中にニセモノの通販サイトがあるのをご存知でしょうか。

この様なサイトは本物そっくりに作られており、だまされてクレジットカードや住所を登録してしまうケースが多発しています。その登録情報は犯罪に使われることになり、あなたの身に覚えのない請求が届くことになってしまうのです。

偽サイトとの比較事例として、バイクショップはとや楽天市場店のHPをご紹介します。(画面が赤い背景になり驚くかもしれませんが、注意喚起されているだけですので御心配なく)

見ただけでは偽サイトだとは気づかないですよね、それくらい精巧に作られているのです。

ちなみに消費者庁で確認されているだけでも455サイト偽サイトとして公表されています。

ユカリ
こんな犯罪に巻き込まれたくないわ!見に覚えのない請求書なんて届いたらパニックになるかも。
ハヤト
そう、だから個人情報漏えいを甘く見てはいけないんだ!

プライバシーが大きく侵害される

ユカリ
ラインのアカウント乗っ取りとかも、最近よく聞くわよね。勝手に私のアカウントで何かされちゃうってこと?
ハヤト
そう。ユカリのアカウントが自由に使われて、場合によっては写真とかが流出してしまうんだよ。

SNSのアカウント乗っ取りは、単純に言えばIDとパスワードさえ揃えば誰にでも出来てしまうのが怖いところです。

乗っ取りの方法としては、以下のような事が代表的に考えられます。

  1. ハッキングで個人情報を盗む
  2. 特別なソフトウェアを使ってパスワードを片っ端から予測入力してくる(IDや登録e-mailアドレスが知られている場合)
  3. 公式サイトを装って、個人情報を偽サイトに入力させる

SNSにアップする写真の中には友達にしか見せたくないものが多いでしょう。プライベートが公にさらされてしまうことは、非常に大きなストレスになる事が想像出来るのではないでしょうか。

また、SNSを乗っ取られると友人に勝手にメッセージを送られてしまう事もあります。その際に個人情報を登録させるURLを載せたメッセージを送られてしまい、芋づる式に個人情報が漏えいする等という事例もあります。

ハヤト
友達からのメッセージなら疑わない、という心理を悪用しているんだ!

SNS以外にもApple IDを盗み取られてしまい、iCloudなどにある写真が流出した事例なども数多く見られます。

このように、精神的なダメージを受ける可能性がある事も、個人情報漏えいの恐怖のひとつでしょう。金銭的なものだけが個人情報漏えいの恐怖ではない事がお分かりになると思います。

ユカリ
そうなるとウイルスバスターだけじゃなくて、自分でも対策を練る必要があるわね!何か出来るかしら?

 

自分でも出来る個人情報のセキュリティ方法

LINEモバイルのウイルスバスターは個人情報の漏えい防止に役立つオプションです。ただし、それ以外にも自分で出来る確認方法もあります。

サイトは公式のものか確認する

まず、運営会社の概要である、会社名や住所がHPにきちんと記載されているか確認しましょう。また記載がデタラメな場合もあるので、GoogleやYahoo!で記載内容をしっかり検索してみましょう。

また、販売されている商品が他のサイトでは品切れ状態なのにも関わらず格安で販売されている、などという場合も怪しいです。サイトの口コミなどを検索してみましょう。

URL先頭がhttpsで始まるか確認する

httpsで始まるURLは暗号化されたデータをやり取りするので、第三者が改ざんすることはほぼ出来ません。それに対してhttpで始まるものは暗号化がされていません

例えるなら、手紙の文面をみんなに見える形でやり取りしているようなものです。そこに個人情報が載っていたらどうでしょうか。その後は想像できますよね。

個人情報の自動入力をやめる

SNSにログインする際に、IDやパスワードが自動で入力されるように設定していませんか。とても楽なので設定してしまいがちですが、これも安全面から言うとおススメできません

同様にサイトにクレジットカード情報を登録しておくのも、安全面から言うとおススメ出来ません。 どうしても登録するなら大手通販サイトなど、安心出来るサイトだけにしましょう。

メモアプリに個人情報を登録しない

メモアプリに銀行口座番号や、サイトのIDやパスワードを書いておくのは絶対避けましょう。紙のメモ帳に書いた場合、万一盗難にあったら悪用されてしまいますよね。

重要な情報は出来るだけ持ち運ばないことが大切です

 

まとめ

この記事のまとめ
  1. LINEモバイルのウィルスバスターはフィッシング詐欺や不正なフリーWi-Fiスポットからスマホを守ってくれる。
  2. 個人情報の漏えいは金銭的だけではなくプライバシーに与えるダメージも大きい。また友達にも被害が及ぶ可能性がある。
  3. 通販サイトを利用するときは、公式のものかきちんと確認する。また、ID、パスワードを始めとした個人情報の自動入力は出来るだけ避ける。
ユカリ
個人情報漏えいの怖さがよく分かったわ!やっぱり万一の事を考えるとウイルスバスターは必要かもしれないわね!
ハヤト
もし個人情報管理について自信がないなーと感じているなら加入がオススメだね!

個人情報の漏えいはとても脅威ですが、スマホを使わない日なんてないですよね。それならば、個人情報の漏えいに無関心ではいけません。

ご自身でフィッシング詐欺などの対策が苦手という方には、LINEモバイルのウィルスバスターオプションは大変有効ですので、基本プランにあわせて検討してみてはいかがでしょうか。

常にあなたの個人情報を狙っている人がいという危機感をもって安心で楽しいスマホライフをお送りください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です